デビッド・「ベラスコ」『蝶々夫人』の原作者 女中スズキ プッチーニのオペラ『蝶々夫人』『トスカ』『ラ・ボエーム』 『トスカ』登場人物「カヴァラドッシ」「スカルピア」

067QjGjVvu
プッチーニ作曲の
オペラ『蝶々夫人』で
主人公の蝶々夫人に仕える
女中の名前は?
タナカ
サトウ
スズキ(答)
ナカムラ

ujZigCq
平成23年度新国立劇場高校生のためのオペラ鑑賞教室「蝶々夫人」|オペラ|新国立劇場

CIMG6556wEhwQePvbImX
プッチーニがオペラ化した
戯曲『蝶々夫人』で有名な
アメリカの劇作家は
デビッド・○○○○?
アベラクル
コッスンブ
ベラスコ(答)
「デビッド・ベラスコ」
David Belasco

143hLikfVfZrm
次のうち、イタリアの作曲家
プッチーニのオペラを
1つ選びなさい
ニーベルングの指環 「ワーグナー」
蝶々夫人(答)
トスカ(答)
フィガロの結婚 「モーツァルト」
ラ・ボエーム(答)
アイーダ 「ヴェルディ」
リゴレット 「ヴェルディ」
椿姫 「ヴェルディ」

CIMG6819miigSOwj
次のうち
プッチーニ作曲のオペラ
『トスカ』の登場人物を
全て選びなさい
ザラストロ 『魔笛』モーツァルト
スポレッタ スカルピアの副官
カヴァラドッシ(答)トスカの恋人

スカルピア(答)ローマ警察のトップ、悪役
ビリュンヒルデ 『ニーベルングの指輪』ワーグナー
アムネリス 『アイーダ』ジュゼッペ・ヴェルディ
ピンカートン 『蝶々夫人』プッチーニ
スパラフチーレ 『リゴレット』ジュゼッペ・ヴェルディ
レオノーレ 『フィデリオ』ベートーベン
アルマヴィーヴァ伯爵 『フィガロの結婚』モーツァルト
マントヴァ公爵 『リゴレット』ジュゼッペ・ヴェルディ

CIMG9180imiLdpebJAWu
ラムフィス
アモナズロ
アムネリス
ラダメス
『ラ・ボエーム』
『魔弾の射手』
『アイーダ』(答)
『フィデリオ』

『蝶々夫人』(ちょうちょうふじん、Madama Butterfly, マダマ・バタフライ)とは、プッチーニによって作曲された2幕もののオペラである。いわゆるプッチーニの「ご当地三部作(あとの2作は「西部の娘」、「トゥーランドット」)」の最初の作品である。
長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々さんとアメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇を描く。物語は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアの弁護士ジョン・ルーサー・ロングが1898年にアメリカのセンチュリー・マガジン1月号に発表した短編小説(Madame Butterfly)」を原作にアメリカの劇作家デーヴィッド・ベラスコが制作した戯曲を歌劇台本化したものである。1904年2月17日、ミラノのスカラ座で初演されたそれは大失敗だったが、同年5月28日ブレシアで上演された改訂版の成功以来、標準的なレパートリー作品となっている。
蝶々夫人 – Wikipedia

デーヴィッド・ベラスコ(David Belasco, 1853年7月25日 – 1931年5月14日)はアメリカの劇作家、舞台監督ないしは演出家である。19世紀末から20世紀初頭にかけて数多くのブロードウェイ劇を著し著名となり、またそれらが、ジャコモ・プッチーニの作曲により『蝶々夫人』および『西部の娘』としてオペラ化されたことで今日も名を残す。
デーヴィッド・ベラスコ – Wikipedia

ジャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ(伊: Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 – 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。
>プッチーニは、学生時代に書かれたいくつかの器楽曲(管弦楽曲数点と室内楽の小品1点)と宗教曲を別にして、オペラの作曲に余念がなく、現在ひんぱんに演奏されているのもオペラが中心である。音楽史上の位置付けは、ヴェルディ亡き後、19世紀末から20世紀初頭のイタリア・オペラにおいて最高の作曲家というものである。出世作の『マノン・レスコー』を皮切りに『ラ・ボエーム』と『トスカ』を次々に成功させて、オペラ作曲家としての地位を確立した。続く『蝶々夫人』では初演の評判は散々だったものの、徐々に評価を高め、今日ではプッチーニおよびイタリア・オペラの代表作とされている。
ジャコモ・プッチーニ – Wikipedia

vxyzSpIMMs
貧しい生まれでありながら、歌手として成功しているトスカ。その恋人で、教会で絵を描いている共和国派の画家カヴァラドッシが、脱獄囚アンジェロッティをかくまったことから、悲劇の火蓋が切られます。美貌のトスカに横恋慕し、常からカヴァラドッシをうとましく思っていたスカルピア男爵は、彼に執拗な拷問を加え投獄します。トスカは徹底的に痛めつけられる恋人を助けようとしますが、卑劣なスカルピア男爵は、カヴァラドッシの命と引き換えに自分のものになることを要求するのです。貞節か、恋人の命か、苦悶するトスカ。極限の選択の果てに待ち受けていたのは、あまりにも残酷な結末だったのです。
作品紹介 | 佐渡裕プロデュースオペラ トスカ | 兵庫県立芸術文化センター

izQDhRRLDN
祭司長ランフィスが、エチオピア人たちの蜂起でナイルの谷がおびやかされていると警護隊長ラダメスに知らせる。ランフィスは女神イシスのお告げを受け、エジプト軍を率いるべき指揮官の名を王に知らせに行くところだ。ひとり残ったラダメスは栄光を夢見、それ以上に愛するエチオピアの女王アイーダを思いつつ、指揮官に選ばれることを心ひそかに期待する(アリア「清きアイーダ」)。人知れずラダメスに想いを寄せ、ライバルの出現を恐れている王女アムネリスはその表情を見逃さない。アイーダが登場するが、ラダメスと女奴隷の落ち着かない様子にアムネリスは疑いを深める。
ミラノ・スカラ座:「アイーダ」:NBS日本舞台芸術振興会