「ローリング・ストーンズ」在籍経験者「ブライアン・ジョーンズ」「キース・リチャーズ」「チャーリー・ワッツ」「ミック・ジャガー」「イアン・スチュアート」「ビル・ワイマン」 『カム・オン』チャック・ベリーのカバー曲

244fSsfwGB
次のうち、
ローリング・ストーンズ
結成時のメンバーを
全て選びなさい
キース・リチャーズ(答)
チャーリー・ワッツ(答)
ブライアン・ジョーンズ(答)
イアン・スチュアート(答)

123DxnqXRNfvn
次のうち
ローリング・ストーンズに
在籍したことがある人物を
1つ選びなさい
イアン・ギラン 「ディープ・パープル」「ブラック・サバス」
ブライアン・ジョーンズ(答)
エリック・クラプトン 「ヤードバーズ」「クリーム」
ミック・ジャガー(答)
キース・ムーン 「ザ・フー」
ジョージ・マイケル 「ワム!」
ビル・ワイマン(答)
ピート・タウンゼント 「ザ・フー」

CIMG9000iZPtRnmdgfOO
ローリング・ストーンズの
デビュー曲『カム・オン』は
誰のカバー曲だった?
エディ・コクラン
ボブ・ディラン
バディ・ホリー
チャック・ベリー(答)

ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成、その後間もなくベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが参加した。
>代表曲として「サティスファクション」「一人ぼっちの世界」「黒くぬれ!」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」「ルビー・チューズデイ」「悪魔を憐れむ歌」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「悲しみのアンジー」「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」など、多数のヒット曲がある。
>メンバー
ミック・ジャガー(ボーカル)
キース・リチャーズ(ギター)
ロン・ウッド(ギター)
チャーリー・ワッツ(ドラムス)
>旧メンバー ブライアン・ジョーンズ(ギター)
イアン・スチュワート(キーボード)
トニー・チャップマン
ディック・テイラー
ビル・ワイマン(ベース)
ミック・テイラー(ギター)

>ローリング・ストーンズの音楽的ルーツは、黒人音楽のブルースにある。デビュー曲の「カム・オン」はチャック・ベリーのカバーである。
ローリング・ストーンズ – Wikipedia