イランの映画監督と国旗「ジャファール・パナヒ」「マジット・マジディ」「モフセン・マフマルバフ」「アッバス・キアロスタミ」

190351tDOdhgkeoK
ジャファール・パナヒ
マジット・マジディ
モフセン・マフマルバフ
アッバス・キアロスタミ
Aイラクの国旗 旧国旗の画像
Bイランの国旗(答)
Cアラブ首長国連邦の国旗 UAE
Dヨルダンの国旗

イラクの国旗は旧国旗の画像のようです。
ヒントの人名も選択肢の国旗も難しい問題と思いますので、確実に復習しましょう。

QgRhVAGiWN
外務省: 世界の国旗(中東)

ジャファール・パナヒ(ペルシア語: جعفر پناهی‎, ラテン文字転写:Jafar Panahi, 1960年7月11日 – )はイランの映画監督。なお、ペルシア語では「ジャアファル・パナーヒー」に近い発音となり、ファの後を伸ばすことはない。
>1995年、キアロスタミが脚本を書いた『白い風船』で監督デビューし、カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞。1997年に『鏡』でロカルノ国際映画祭金豹賞を、2000年の『チャドルと生きる』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、世界的に高い評価を得た[2]。
ジャファール・パナヒ – Wikipedia

マジッド・マジディ(مجید مجیدی マジード・マジーディー, ラテン文字転写:Majid Majidi, 1959年4月17日 – )はイラン・テヘラン出身の俳優・映画監督。
>モフセン・マフマルバフの映画『ボイコット』に出演し、映画界に入るきっかけを得る。1997年の『運動靴と赤い金魚』、1999年の『太陽は、ぼくの瞳』、 2001年の『少女の髪どめ』で三度モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞している。『すずめの唄』が2008年度アカデミー賞外国語映画部門のイラン代表に選ばれた。
マジッド・マジディ – Wikipedia

モフセン・マフマルバフ(محسن مخملباف, ラテン文字転写:Mohsen Makhmalbaf, 1957年5月29日 – )はイランのテヘラン出身の映画監督・脚本家・映画プロデューサーである。
>1979年にイラン革命が起きて短期間で出所。釈放後は政治から遠ざかり、作家となり1982年より映画監督としても活躍。イランでも最も人気のある監督の1人。アフガニスタン難民キャンプに住む子供達の識字・衛生教育やアフガニスタン国内の学校建設などを熱心に支援している。
2001年には彼のスピーチやレポートを集めた『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』が日本でも出版された。
モフセン・マフマルバフ – Wikipedia

アッバス・キアロスタミ (Abbas Kiarostami, 1940年6月22日 – ) は、イランの映画監督、脚本家、写真家。ペルシア語表記はعباس کيارستمیで、アッバース・キヤーロスタミーと発音する。イランを代表する巨匠として知られる。
>以後、「ジグザグ道三部作」と呼ばれる『友だちのうちはどこ?』(1987年)や『そして人生はつづく』(1992年)、『オリーブの林をぬけて』(1994年)といった作品を製作。現代イラン映画を代表する監督となる。1997年には『桜桃の味』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。1999年の『風が吹くまま』はヴェネツィア国際映画祭審査員賞特別大賞を受賞した。
2010年にはジュリエット・ビノシュを起用した『トスカーナの贋作』をフランスとイタリアで、2012年には『ライク・サムワン・イン・ラブ』を日本で製作した。
アッバス・キアロスタミ – Wikipedia

イラクの国旗は、1921年の建国以来、六つの異なる版が導入された。
現在の国旗は2008年1月22日の国旗法改正により制定されたもので、1991年制定の国旗からバアス党のスローガンであった「統一、自由、社会主義」を表す三つの星を削除すると共に「アッラーフ・アクバル(アッラーフは偉大なり / الله أكبر)」の文言をサッダーム・フセイン元大統領の直筆とされる筆記体からクーフィー体に変更したデザインとなっている。 しかし、スンナ派住民が多いアンバール県等では、今も旧政権時代の国旗をイラク政府への抗議の意味を含めて掲げている。