「森理世」「児島明子」ミス・ユニバース優勝 エリカ・「アンギャル」森理世らを指南した栄養コンサルタント

073cWAIjHD
次のうち、ミス・ユニバースで
優勝した日本人を全て選びなさい
森理世(答)
児島明子(答)
吉松育美
29%

101109ShXeRoqXNW
著書に『世界一の美女になる
ダイエット』がある、豪州出身の
栄養コンサルタントといえば
エリカ・◯◯◯◯◯?
ツックャア
ンルギズニ
アンギャル(答)
「エリカ・アンギャル」
Erica Angyal

日本在住も長く、日本語もペラペラの方なのですね。
もしかしたら、「Angyal」は言語的に「天使」の意味があるのでしょうか?「天使」つながりを復習しましょう。


YkBtiIYhBH
世界一の美女になるダイエット
単行本
エリカ・アンギャル / 著 
知花くらら、森理世ら世界一の美女を生み出してきたミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントが、真実のダイエット法を伝授。食べものを味方につける68の美の秘密がわかる!
世界一の美女になるダイエット | 株式会社 幻冬舎

CIMG1997bxGnedAGZtGq
京都を舞台とした、2011年公開の
ファンタジー映画『?六丁目』
天使突抜
てんしつきぬけ(答)

先斗町(ぽんとちょう)、化野(あだしの)、一口(いもあらい)等々、観光客には解読しづらい不思議な地名が点在する京都。その中でも一際異彩を放つ名前として、ごく一部の地元の人にのみ知られる町“天使突抜(てんしつきぬけ)”を舞台にした映画『天使突抜六丁目』が、11月19日(土)より公開される。
>五條天神宮は、天から使わされた少彦名命(すくなびこなのみこと)が祀られていることもあり、別名“天使の杜”とも呼ばれていた。そこの境内に“突き抜けて作られた道”ということで、その通りは「天使突抜」と名づけられたとのこと。
不思議な響きの難読地名“天使突抜”ってどんなところ? | ニュースウォーカー

IMG_0858FTxsdjVSMpbh
2012年に発見され話題となった
作家・安部公房の未発表だった
短編小説のタイトルは『悪魔』
である
×(答)
○『天使』

「砂の女」「箱男」などの小説で知られる作家、安部公房さん(1924~93年)の最初期の未発表短編が見つかったことが6日、分かった。22歳だった終戦後の46年に、旧満州(中国東北部)からの引き揚げ船の中で書いたとみられる。7日発売の「新潮」12月号に掲載される。
 新潮社によると、題名は「天使」。精神障害のある男が病院を抜け出し、通行人や自分を天使だと思い込みながらさまよい歩く様子を描く。安部作品に一貫していた現実世界の虚構性というテーマが既に表れている。
安部公房の未発表作発見 題名「天使」22歳で執筆か  :日本経済新聞

森 理世(もり りよ[1]、1986年12月24日[2][1] – )は、静岡県静岡市出身[3]の振付師、ダンサー、モデル、タレントである。身長174cm。血液型はA型。2007年度ミス・ユニバース・ジャパン及びミス・ユニバース世界大会優勝者。
ニューヨークを拠点とした、プロジェクトサンシャイン、レッドリボン等のチャリティー活動に参加。2008年7月に帰国。2009年3月をもって所属していたIBGjapanを辞め、現在はS.D.B.B.所属。2009年4月、母と共に地元にダンススタジオ「I.R.M.アカデミー」を設立。 現在ダンスアカデミーのアーティスティックディレクターとしてダンス&ビューティーの指導をしている[4]。
静岡市観光親善大使[5]。
引用元:森理世 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%90%86%E4%B8%96

児島 明子(こじま あきこ、1936年10月29日 – )は、日本のモデルである。1959年(昭和34年)に開催された第8回ミス・ユニバース世界大会で栄冠を獲得した。日本人・有色人種・アジア人として初めてのミス・ユニバース世界大会優勝者である。
引用元:児島明子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E5%B3%B6%E6%98%8E%E5%AD%90

エリカ・アンギャル(Erica Angyal、1969年5月13日 – )は、オーストラリア出身の栄養コンサルタント。
2004年から8年間ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして、知花くらら(2006年世界2位)、森理世(2007年世界1位)をはじめ、 世界一の美女を目指すファイナリストたちに「美しくなる食生活」を指南してきた。
エリカ・アンギャル – Wikipedia

エリカ・アンギャルさん
ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント。世界一の美女を目指すミス・ユニバースのファイナリストたちに“美しくなる食生活”を指南。栄養学や薬理学、生理学など予防医学における幅広い知識をもとに、“内側からより美しく、心も身体もすこやかに輝く”ことをテーマに食とライフスタイルを発信している。主な著書に『美女の血液型別お弁当BOOK』(主婦と生活社)や『世界一の美女になるダイエットバイブル』(幻冬舎)など。
> まず皆さんに理解していただきたいのは、ミス・ユニバースの候補者たちの目指す“美人”とは外見の美しい人のことではなく、健康で、かつ内面が美しい人だということ。世界大会に行くと一見スーパーモデルのような方ばかりですが、内面の輝きやインパクトがあるからこそ、魅力的なのです。

 だから食事に気を配り、内面を磨くトレーニングを重ねます。そうして内側から輝いていると、それが外見に現れます。肌にツヤがあり、血色が良く、全身がキラキラと輝いて見える。だからこそ、先に磨くべきは外見ではなく、内面だと私は考えています。

 そのためにはどうすればいいか。答えはとてもシンプルです。それは“Happy”になること。
エリカ・アンギャルさん「美を作る食とは」:日経ウーマンオンライン【トレンド(ライフ)】