「CROSSBEAT」休刊した月刊音楽誌 シンコーミュージックエンタテイメント

140XHozWWDEmM
1988年から2013年まで
シンコーミュージック・
エンタテイメントが刊行していた
月刊音楽誌は?
SCARBTOSE
CROSSBEAT(答)

クロスビート(CROSSBEAT)は、シンコーミュージック・エンタテイメント(以下「シンコー」と表記)がかつて発行していた月刊の音楽雑誌。現在は休刊。
>1988年創刊[1]。創刊編集長は元『ミュージック・ライフ』編集者の森田敏文。ヨーロッパやアメリカのロックミュージックを中心にテクノやヒップホップ等も取り上げていた。
創刊当初は『Rockin’on』と同じ版型であったが、2013年1月号より小型化し、『レコード・コレクターズ』などと同じになった。この前後を境に、再発・リイシュー盤が発売される過去のロックアーティストを表紙・巻頭に据えつつ、ART-SCHOOLやOKAMOTO’Sなどの日本人アーティスト、フライング・ロータスなどのダンスミュージック系アーティスト、韓国のインディーシーンなど英米以外の音楽を扱う記事も登場し、内容が多角化した。
2013年には創刊25周年を迎えたが、9月18日発売の2013年11月号をもって休刊することが決まった。なお、不定期でムックなどの刊行は続けられる[1]。
クロスビート – Wikipedia

シンコーミュージック・エンタテイメントは、日本の出版社。音楽を中心とした雑誌・書籍の発行、楽譜出版、楽曲の著作権管理、アーティストマネジメントなどを業務としている。
ポピュラーミュージックを取り上げる出版ではさきがけであり、「ミュージック・ライフ」はロック、「BURRN!」はヘヴィメタルを取り上げた雑誌の先行誌である。また、「blast」は日本唯一のヒップホップ専門誌であった。(blastに代わりWoofin’がB-boyの服装を専門にファッション&ミュージックの雑誌としてヒップホップ系の流れを継承している)
シンコーミュージック・エンタテイメント – Wikipedia