吉田拓郎と結婚した女性「四角佳子」「浅田美代子」「森下愛子」 フォーライフ「泉谷しげる」「吉田拓郎」「井上陽水」「小室等」 『魁!!クロマティ高校』OP吉田拓郎『純』

014RzcZfgDbPw
次のうち
歌手の吉田拓郎が
結婚したことがある女性を
全て選びなさい
浅田美代子(答)
玉井タエ
森下愛子(答)
四角佳子(答)
木之内みどり

CIMG2204TAWytRsqGnoP
1975年にレコード会社
「フォーライフ」を設立した
歌手を全て選びなさい
泉谷しげる(答)
吉田拓郎(答)
高石ともや
井上陽水(答)
小室等(答)

CIMG5856
次のアニメと
主題歌に使われた曲の
正しい組み合わせを選びなさい
魁!!クロマティ高校───吉田拓郎『純』
雪の女王───小田和正『大好きな君に』
怪盗セイント・テール───井上昌己『純心』

吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 – )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフレコードの第2代社長である。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。楽曲提供者としては入江剣[1]の名も用いている。
>鹿児島県伊佐郡大口町(のちの大口市、現:伊佐市)生まれ、広島県広島市南区西霞町育ち。
学歴は鹿児島市立谷山小学校→広島市立皆実小学校→広島市立翠町中学校→広島県立広島皆実高等学校→広島商科大学(現:広島修道大学)。
夫人は四角佳子→浅田美代子→森下愛子。血液型A型。身長176.5cm。
竹田企画所属。レコードレーベルはエレックレコード→CBSソニー→フォーライフ・レコード→インペリアルレコード→avex trax。
日本のシンガーソングライターの草分け的存在であり[2][3][4][5][6][7]、1970年代初頭、いまだマイナーな存在であったフォークとロックを日本の音楽シーンのメインストリームに引き上げた人物である[8][9][10][11][12]。また、大規模ワンマン野外コンサート、ラジオの活性化、CMソング、コンサートツアー、プロデューサー、レコード会社設立などのパイオニアとして、日本ポピュラーミュージック史における最重要人物の一人である[2][5][7][8][11][13][14][15][16][注釈 1]。
吉田拓郎 – Wikipedia

四角 佳子(よすみ けいこ、1952年3月4日 – )は、日本の女性歌手。六文銭’09メンバー。血液型O型。大阪府出身。愛称は「おけい」。
>1971年 – 第8期最後の六文銭のメンバーとして愛知県の岡崎のステージで再デビュー。この年の世界歌謡祭でグランプリを獲得した”出発の歌”の際のメンバーでもある。六文銭として”キングサーモンのいる島”及び”メモリアル1&2″のLPを残す。小室等、及川恒平とともにメインボーカルを担当。吉田拓郎との結婚を機に引退。以来28年間、芸能界を完全に引退していた。
1973年 – 吉田拓郎のアルバム『伽草子』に参加。「春の風が吹いていたら」では吉田とデュエットする。
1975年 – 吉田拓郎と離婚。
四角佳子 – Wikipedia

浅田 美代子(あさだ みよこ、本名同じ、1956年2月15日 – ) は、日本の女優、タレント、元アイドル歌手である。愛称は「美代ちゃん」「美代子さん」。親近感とキュートな表情が特徴であった[1]。
東京都港区出身。身長157cm、血液型はB型。所属事務所は芸映プロダクション→テアトル・ド・ポッシュ、歌手活動当時のレコード会社はCBSソニー(レーベルはエピック)。港区立南山小学校から東京女学館中学校を経て東京女学館高等学校中退。
>現在では人気女優としてドラマや映画で活躍する一方、『さんまのSUPERからくりTV』などのバラエティー番組で見せる天然キャラが人気を集めている。明石家さんまは天然(おバカキャラ)で有名になった里田まいなどよりも天然である「元祖天然」と語り、数々の天然エピソードはさんまの持ちネタの一つでもある。
>1977年:吉田拓郎と結婚、引退
1983年:吉田と離婚、女優として芸能界復帰
浅田美代子 – Wikipedia

森下 愛子(もりした あいこ、1958年4月8日 – )は、日本の女優。本名は吉田 佳代(よしだ かよ)。夫はシンガー・ソングライターの吉田拓郎。
>東京都武蔵野市出身。麹町学園女子高等学校卒業。高校在学中にスカウトされ、モデルとしてデビュー。1977年に『地獄の天使 紅い爆音』(東映)で女優デビュー。翌1978年に出演した『サード』では、体当たりの演技を見せた。
1986年12月に吉田拓郎と結婚。その後体調を崩し、1988年から芸能活動を一時休止。
1999年にTBS系のテレビドラマ『美しい人』で復帰以降は、休業以前にも増して精力的に活動し、脚本家・宮藤官九郎作品の常連である。
私生活では、2003年に夫が肺癌摘出手術を受けた際に精神的に支えるなど、良好な夫婦関係が報道された。
森下愛子 – Wikipedia

シモンズは田中ユミ、玉井タエの女性デュオである。ともに大阪府出身で、いわゆる関西フォーク系に属する。
シモンズの名前は二人がファンであった「サイモン&ガーファンクル」のサイモン(Simon)をローマ字読みしたもの。
二人は高校時代からベッツィ&クリスのカバーなどを歌ってライブ活動をしていた。毎日放送ラジオの『ヤングタウン』のオーディションで合格。高校卒業後に上京しRCAレコードから「恋人もいないのに」でデビュー。デビュー曲は「あの素晴しい愛をもう一度」になる予定であったが、この曲は北山修と加藤和彦が唄うことに決まったため、急遽「恋人もいないのに」になった。この曲は60万枚を超える大ヒットとなった。しかし人気絶頂の1974年、玉井タエの後藤次利との結婚を期に休止した。
>1978年にテレビドラマ主題歌を歌うことによりに一時的に活動を再開するも、翌年の玉井タエの離婚により本格的に解散した。
>玉井 タエ(たまい タエ、1952年11月26日)本名、玉井 妙子(たまい たえこ)。
ハスキーボイスで低音パートを担当していた。現在は英語教師をしており、音楽活動はしていない。
シモンズ (歌手) – Wikipedia