「ルイーゼ・ライナー」アカデミー主演女優賞初の2年連続受賞 「ダニエル・デイ=ルイス」アカデミー主演男優賞を3回受賞『マイ・レフトフット』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『リンカーン』

025uujSCMR
アカデミー主演女優賞を
史上初めて2年連続で
受賞した女優は誰?
グレンダ・ジャクソン
オリビア・デ・ハビランド
ベティ・デイビス
ルイーゼ・ライナー(答)

133iALpsDRaRr
アカデミー賞主演男優賞を
3度以上獲得した俳優はいない
×(答)
◯ダニエル・デイ=ルイス
『マイ・レフトフット』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『リンカーン』

CIMG0556tFnsuoKztklW
アカデミー作品賞の受賞の対象と
なるのはロサンゼルスの映画館で
有料公開された映画だけである
◯(答)
アカデミー助演女優賞 マリサ・トメイ『いとこのビニー』パティ・デューク『奇跡の人』ジーナ・デイビス『偶然の旅行者』 「アカデミー作品賞の対象はLAで有料公開された映画のみ」 | わかればいいのに I wish I knew

ルイーゼ・ライナー(Luise Rainer、1910年1月12日 – 2014年12月30日)は、ドイツの女優。
>1936年公開の『巨星ジーグフェルド』と翌1937年公開の『大地』(パール・S・バック原作)で2年連続してアカデミー主演女優賞を受賞(第9回[4]、第10回[5])。2年連続でアカデミー賞の演技部門を受賞した最初の人物となる。また、ユダヤ系ドイツ人女優として、実在の人物を演じての受賞者は彼女が最初である。しかし、ほとんど台詞のない(?)『巨星ジーグフェルド』、ドイツ訛りのひどい『大地』と2年連続しての受賞は「オスカー史の謎」とされている。アカデミー会員が、対抗馬の女優たちの受賞を嫌がったためとも言われるが、真相ははっきりしない。ライナー本人も連続受賞の重責から姿を消し、一時は消息不明となっている。ルエラ・パーソンズはそんなライナーを「オスカーの呪い(オスカー・カース)」と呼んだ。
引用元:ルイーゼ・ライナー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC

アカデミー主演女優賞(アカデミーしゅえんじょゆうしょう、Academy Award for Best Actress)は、アカデミー賞の一部門。最も功績のあった主演女優に贈られる。
>最年少受賞者はマーリー・マトリン(『愛は静けさの中に』、当時21歳)、最年少候補者はクヮヴェンジャネ・ウォレス(『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』、当時9歳)、最年長受賞者はジェシカ・タンディ(『ドライビング MISS デイジー』、当時80歳)、最年長候補者はエマニュエル・リヴァ(『愛、アムール』、当時85歳)。
最多受賞者は4回のキャサリン・ヘプバーン、これは俳優全体としても最多である。また、主演女優賞を二度受賞したのはルイーゼ・ライナー(初の2年連続受賞)、ベティ・デイヴィス、オリヴィア・デ・ハヴィランド、ヴィヴィアン・リー、イングリッド・バーグマン(助演女優賞も1度受賞している)、エリザベス・テイラー、グレンダ・ジャクソン、ジェーン・フォンダ、サリー・フィールド、ジョディ・フォスター、ヒラリー・スワンク、メリル・ストリープ(助演女優賞も1度受賞している)の12人。
引用元:アカデミー主演女優賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%BC%E4%B8%BB%E6%BC%94%E5%A5%B3%E5%84%AA%E8%B3%9E

アカデミー主演男優賞(アカデミーしゅえんだんゆうしょう、Academy Award for Best Actor)は、アカデミー賞の部門のひとつ。
最年少受賞者はエイドリアン・ブロディの29歳、最年少候補者はジャッキー・クーパーの9歳。最年長受賞者は、ヘンリー・フォンダの76歳、最年長候補者はリチャード・ファーンズワースの79歳。
最多受賞者は3回受賞のダニエル・デイ=ルイス。2回受賞経験者はスペンサー・トレイシー、フレドリック・マーチ、ゲイリー・クーパー、ダスティン・ホフマン、トム・ハンクス、ジャック・ニコルソン(助演男優賞も1回受賞している)、ショーン・ペンの8人。なおマーロン・ブランドも2度受賞したが、2度目の受賞を辞退している。最多候補者はスペンサー・トレイシー、ローレンス・オリビエの9回。
ピーター・フィンチは死後に受賞。また、ジェームズ・ディーン、スペンサー・トレイシー、マッシモ・トロイージも死後にノミネートされた。
非白人(黒人)として、初めて受賞したのはシドニー・ポワチエ。
アカデミー主演男優賞 – Wikipedia

サー・ダニエル・マイケル・ブレイク・デイ=ルイス(Sir Daniel Michael Blake Day-Lewis, 1957年4月29日 – )は、イギリス出身の俳優。アカデミー主演男優賞を3回受賞している唯一の俳優である。
>主な作品
『マイ・レフトフット』
『眺めのいい部屋』
『父の祈りを』
『ギャング・オブ・ニューヨーク』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
『リンカーン』
>徹底した役作りを行うことでも知られており、そのスタンスはロバート・デ・ニーロと比較されることも多い。
『マイ・レフトフット』ではクリスティ・ブラウンを演じるため撮影中は常に左足だけを使った。車椅子に座ったまま生活し、立とうとはしなかったため、ケーブルや照明の邪魔にならないように、スタッフに車いすごと移動されていた。
>『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』では20世紀初頭の録音記録や1948年の映画『黄金』を参考に1年間かけて役作りした。
>『リンカーン』では当時のリンカーンの外観に似せるため髪と髭を伸ばし、関連の書物やリンカーン自身が書き残したものを読みあさり、19世紀の生活に慣れるため、メアリー・トッド・リンカーン役のサリー・フィールドと当時の文体で手紙の交換を4ヶ月間行った。また、南部訛りを徹底して撮影に臨んだ。
ダニエル・デイ=ルイス – Wikipedia

アカデミー主演女優賞(アカデミーしゅえんじょゆうしょう、Academy Award for Best Actress)は、アカデミー賞の一部門。最も功績のあった主演女優に贈られる。
最年少受賞者はマーリー・マトリン(『愛は静けさの中に』、当時21歳)、最年少候補者はクヮヴェンジャネ・ウォレス(『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』、当時9歳)、最年長受賞者はジェシカ・タンディ(『ドライビング MISS デイジー』、当時80歳)、最年長候補者はエマニュエル・リヴァ(『愛、アムール』、当時85歳)。
最多受賞者は4回のキャサリン・ヘプバーン、これは俳優全体としても最多である。また、主演女優賞を二度受賞したのはルイーゼ・ライナー(初の2年連続受賞)、ベティ・デイビス、オリヴィア・デ・ハヴィランド、ヴィヴィアン・リー、イングリッド・バーグマン(助演女優賞も1度受賞している)、エリザベス・テイラー、グレンダ・ジャクソン、ジェーン・フォンダ、サリー・フィールド、ジョディ・フォスター、ヒラリー・スワンク、メリル・ストリープ(助演女優賞も1度受賞している)の12人。
非白人の女優が最初に受賞したのは、第74年(2001年度)のハル・ベリーである。
第41回(1968年度)にはキャサリン・ヘプバーンとバーブラ・ストライサンドの票数が全く同じとなり、同部門初のタイ受賞となった。
アカデミー主演女優賞 – Wikipedia