『黒い太陽』新堂冬樹原作 伊原剛志、井上和香、永井大 倉科遼原作のドラマ『嬢王』北川弘美『女帝』加藤ローサ『帝王』塚本高史

022VIyBfVz
原作者は新堂冬樹
舞台はキャバクラ
伊原剛志、井上和香、酒井若菜
主演は永井大
『夜王』
『黒い太陽』(答)
『嫌われ松子の一生』
『お水の花道』


『忘れ雪』
『無間地獄』
『カリスマ』
『三億を護れ!』 
新堂冬樹(答)
しんどうふゆき

009NpHFmBNeXO
加藤ローサが主人公のホステス
立花彩香を演じた、2007年に
テレビ朝日で放映された
TVドラマは?
女王
覇道
花帝
女帝(答)
『女帝』じょてい?

『嬢王』『女帝』『帝王』など、混同します。まとめて整理しましょう。

順番当て
次の倉科遼の漫画を原作とするTVドラマを放送開始が早い順に選びなさい
『嬢王』
『女帝』
『帝王』


代表作に「嬢王」「女帝」「DAWN-陽はまた昇る-」などがある漫画原作者は?
倉科遼(答)
くらしなりょう

◯×
2006年放映のTVドラマ『夜王』の舞台は六本木である
×(答)
◯新宿

『黒い太陽』(くろいたいよう)は、新堂冬樹の小説。2004年から2006年にかけて祥伝社の月刊誌『小説NON』に連載されていた。テレビドラマ化、漫画化もされている。
続編の『女王蘭』(漫画版では「続・黒い太陽 女王蘭」)についてもここに記述する。
>あらすじ[編集]
建築士を夢見る立花篤。ある日、父・真一が借金を抱えたまま病で倒れ植物状態になってしまう。父親の借金、そして入院費……多額の借金を背負い込んでしまった彼は夢を一旦胸に仕舞い、金になる仕事を模索した。そして辿り着いた先は夜の世界「黒服」だった。魑魅魍魎の世界の下、純真無垢な青年が挫折と再起を繰り返しながら徐々に「黒く」成長していく。
引用元:黒い太陽 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E3%81%84%E5%A4%AA%E9%99%BD

『女帝 SUPER QUEEN』(じょてい スーパークイーン)は、倉科遼原作、和気一作作画による漫画である。芳文社発行の漫画雑誌「週刊漫画TIMES」に連載された。単行本は全24巻。後に刊行された愛蔵版や廉価版では、副題をつけずにタイトルを『女帝』としている。
本稿では、これを原作とした2000年公開の映画、ならびに2007年にテレビ朝日系列で放送されたテレビドラマについても併せてここで扱う。
>主人公・立花彩香がホステスとして様々な修羅場をくぐりぬけながら成長し、後に「銀座の女帝」と呼ばれるようになるまでの半生を描いた物語。「女帝シリーズ」の第1作。
原作者・倉科遼はそれまで男性を主人公とした作品を多く手がけていたが、「女性が描きたい!」という思いから始まったのが本作であり、それだけに思い入れが強いという[1]。
>2000年に小沢真珠主演で映画化され、2007年には加藤ローサ主演でテレビドラマ化もされた。2011年8月、倉科の公式サイトにて韓国でもテレビドラマ化されることが発表され[2]、同年10月から12月まで放映された。
女帝 SUPER QUEEN – Wikipedia

立花彩香(加藤ローサ)は、火の国・熊本で暮らす優等生の女子高生。だが、名家の娘・北條梨奈(酒井彩名)から、スナックを営む母を侮辱され、さらにボーイフレンドの杉野謙一(斉藤祥太)が梨奈の婚約者であったと知らされる。貧乏な彩香を見下し、あざけ笑う梨奈。
>「エレガンス」に“ミナミの妖怪”と呼ばれる客・美濃村(泉谷しげる)がやってきた。気難しいことで知られ、特定の店をひいきにしない大金持ちだ。美濃村を自分の客にすると決意した彩香は、チャンスを3回くださいと申し出るのだった。
 「持てるもの全部を武器にして、この男を落としてやる。女帝への大勝負が、今、始まるのだ。」

夜の用語解説
「ヘルプ」
クラブの給料には、ふたつのシステムがあります。売り上げのホステスとヘルプのホステスです。売り上げのホステスは、自分でお客を持っていて、その売り上げによって給料が決まります。一方、ヘルプのホステスは、売り上げのホステスの席についてお手伝いをするホステスです。ちなみに、お店で一度指名されて係になったら、その客は、永久にそのホステスの客になります。たとえ、他のホステスを気にいっても、その売り上げはすべて係のホステスのものになる、というのがルールです。
朝日放送 | 女帝

倉科 遼(くらしな りょう、1950年6月23日[1] – )は、日本の元漫画家、漫画原作者。栃木県那須塩原市出身。水商売モノ(本人いわく「ネオン街モノ」)を得意とする。以前は、司敬(つかさ けい)名義で劇画を執筆していた(「司敬」名義での漫画原作も存在する)。
漫画原作のほかに、本名の大場 敬司(おおば けいじ)名義でフリーハンド及びオフィスケイという編集プロダクションも経営しており、雑誌まるごと、もしくは一部を出版社から請け負っている。
倉科遼 – Wikipedia

「R-1」とは六本木ナンバーワンのキャバクラ嬢、
すなわち“嬢王”を決める賞金5千万円のグランプリ。
清楚なお嬢様風の女子大生・藤崎彩は、大学を中退してR-1への参戦を決意する。
中小企業を営む父親が、1億5千万円の負債を抱えて自殺未遂を図ったためだった。
ドラマ24 嬢王 : テレビ東京

そんな了に転機が。サッカー部の親友だった大川(與真司郎 )の彼女が、ホストクラブ「ムーン・リバー」のNO1ホスト・連城透(山田悠介)に奪われた。取り巻きを連れ、悪びれない連城と路上で対決した了は、行きがかりから、ホストとなって同じ土俵で勝負することを宣言する。
 「水商売」の「み」の字も知らないまま、水商売の世界へ入った了。「源氏名」咲輝凌として、この世界のスタートを切る。客からの辛らつな言葉と先輩ホストからの陰湿なしごき…酒が一滴も飲めない新人ホストの凌に早速試練が。
 ホストを皮切りに、東京郊外に小さな店を持ち、日本一のキャバクラの街六本木に数年の間に進出した「帝王」の物語が始まる。
金曜ナイト劇場(シアター)『帝王』

『夜王』(やおう)は、倉科遼(原作)、井上紀良(作画)による漫画作品。およびこれを原作とするテレビドラマ作品。
>北海道から上京してきた的場遼介が新宿・歌舞伎町を舞台に様々な対決をしていくホストの物語。夜のネオン街を舞台におりなすホスト達のストーリーで、仲間のホスト達、ライバルのホスト達との戦いや女達との恋模様など、勧善懲悪で現実の夜の世界をやや誇張しているものの、努力・友情・勝利・恋愛など漫画ならではの要素をふんだんに取り入れた作品。人物作画や背景の使いまわしを多用する独特の表現が特徴。なお、背景はCGで作成されている場合が多いという。
集英社「週刊ヤングジャンプ」2003年9号から2010年16号まで全313話連載された。単行本は全29巻、2007年3月12日時点では売り上げ150万部以上。なお連載の休載はほとんどなく、倉科原作の作品でも類を見ない、7年に渡る長期連載となった。
夜王 – Wikipedia