「ピチカート・ファイヴ」野宮真貴・小西康陽「フリッパーズ・ギター」小沢健二・小山田圭吾「L⇔R」木下裕晴・嶺川貴子 「三原さと志」小山田圭吾の父「和田弘とマヒナスターズ」のボーカル 「嶺川貴子」小山田圭吾の元妻のミュージシャン「小桜葉子」加山雄三の母

508RghqgVv
次のミュージシャンを
在籍したことがある
渋谷系バンドごとに
グループ分けしなさい

ピチカート・ファイヴフリッパーズ・ギターL⇔R
野宮真貴
木下裕晴
小山田圭吾
嶺川貴子

073yklpumunQy
小山田圭吾の実の父でもある
「和田弘とマヒナスターズ」の
ボーカルは◯◯さと志?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
みはら(答)
「三原さと志」

「マヒナ」がハワイ語で「月」なんですね。
小山田圭吾(おやまだけいご)の元妻、嶺川貴子を復習します。
若大将の母親「小桜葉子」も連想したのでそれも。

CIMG2480tFviudRRyYkj
小山田圭吾を夫にもつ歌手で
一時期音楽グループ「L⇔R」に
キーボードとして加入して
いたことでも知られるのは誰?
貴川大理村
恵嶺真子赤
嶺川貴子(答)
みねかわたかこ

374aQCdqHrIEm
「若大将」でおなじみの加山雄三
の父親にあたる俳優は上原謙
ですが、母親にあたる女優は?
フルネームで答えなさい
こざくらようこ(答)
「小桜葉子」

ピチカート・ファイヴ(PIZZICATO FIVE、1984年 – 2001年3月31日)は、日本の音楽グループ。デビュー当時から1987年までの表記はPIZZICATO Vだった。
>メンバー 小西康陽(ベース,ギター,キーボード)
1984年 – 2001年
野宮真貴(ヴォーカル)
1990年 – 2001年
>1990年代の日本において一世を風靡した「渋谷系」と呼ばれる系統に属し、その音楽性のみならず3代目ボーカルである野宮真貴のルックス・ファッション面でも評価が高かった。自らを「ハッピー」、「キャッチー」、「グルーヴィー」、「ファンキー」といった言葉で形容することがある。
引用元:ピチカート・ファイヴ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B4

フリッパーズ・ギター(The Flipper’s Guitar、単にFlipper’s Guitarとも)は日本のバンド。「パーフリ」「フリッパーズ」という略称で呼ばれる。
>メンバー 小山田圭吾 (リードボーカル、ギター)
小沢健二 (リードギター、サイドボーカル、作詞)
>1989年、小沢が作詞を担当した全曲英詞の1stアルバム『three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかった』でポリスターよりデビュー。その直後に小沢の求める音楽性の違いから荒川、井上、吉田が脱退し、小山田と小沢の2人編成となる。1990年、全曲日本語による2ndアルバム『CAMERA TALK』をリリース。
1991年、3rdアルバム『ヘッド博士の世界塔』をリリース後、程なくして突然の解散表明[1]。既にチケットの発売が開始されていたライブツアーの直前に解散したため、世間から少なからず批判を受けた[2]。その後、二人はそれぞれコーネリアス、小沢健二としてソロ活動を開始した。
引用元:フリッパーズ・ギター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC

L⇔R(エルアール)は、日本の音楽バンド。
1991年にミニアルバム「L」でデビュー。以後13枚のシングル、7枚のアルバムを発表するが、1997年に活動休止を宣言。以来L⇔Rとしての活動はないが、メンバーが個々にソロ活動をしている。全ての作品を四人囃子のドラムスだった岡井大二がプロデュースを手がけ、代表曲は「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」「HELLO, IT’S ME」など。
>メンバー 黒沢健一(ボーカル・ギター)
黒沢秀樹(ギター・ボーカル)
木下裕晴(ベース)
旧メンバー 嶺川貴子(キーボード)
引用元:L⇔R – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/L%E2%87%94R

和田弘とマヒナスターズ(わだひろしとマヒナスターズ)とは、スチールギター奏者の和田弘をリーダーとする音楽グループ。ハワイアン、ムード歌謡の第一人者として知られる。マヒナはハワイ語で「月」を意味する。
>旧メンバー 和田弘(スチールギター)
三原さと志(ボーカル)
三島敏夫(ボーカル)
田淵純(ボーカル)
山田競生(ベース)
日高利昭(ギター)
佐々木敢一(ウクレレ)
田中政晴(ウクレレ)
>1960年代には、松尾和子らの女性歌手をむかえるスタイルをとり、第2回日本レコード大賞を受賞した「誰よりも君を愛す」、当時としては驚異的な300万枚の売上を記録した「お座敷小唄」をはじめ、「寒い朝」「愛して愛して愛しちゃったのよ」、「ウナ・セラ・ディ東京」など多数のヒット曲を残した。
引用元: 和田弘とマヒナスターズ – Wikipedia.

三原 さと志(みはら さとし、本名: 小山田晃(おやまだ あきら)、1935年7月3日 – 2006年9月30日)は、日本の歌手。歌謡コーラスグループ「和田弘とマヒナスターズ」のリードボーカル。長男はミュージシャンの小山田圭吾。
>小山田暁の名義で作曲活動もしており、フジテレビ『ひらけ!ポンキッキ』の歌「まるさんかくしかく」などの曲を提供していた。
引用元: 三原さと志 – Wikipedia.

小山田 圭吾(おやまだ けいご、1969年1月27日 – )は、日本のミュージシャンである。身長169cm。自身一人で構成される 『CORNELIUS(コーネリアス)』名義での音楽活動を行っている。
>和田弘とマヒナスターズの三原さと志の長男として、東京に生まれる。和光大学附属中学校・高等学校卒業。中学校時代に障害者の同級生に対するイジメに加わっていたと「ROCKIN’ON JAPAN」平成6年1月号のインタビューで発言している。セツ・モードセミナーに通う傍ら、中学校の同級生であった小沢健二らと共にフリッパーズ・ギターを結成し、メジャーデビュー。解散後、しばしの期間を経て小山田圭吾による一人ユニットCORNELIUSとして音楽活動を再開する。
>2000年にミュージシャンの嶺川貴子と結婚、同年11月2日に長男が誕生した。
引用元: 小山田圭吾 – Wikipedia.

嶺川 貴子(みねかわ たかこ、1969年6月3日 – )は、日本の女性ミュージシャン。
1995年「CHAT CHAT」でデビュー。「Maxi On」など国内外8枚のアルバムを発売。近年は「細野晴臣トリビュート」で坂本龍一と「風の谷のナウシカ」のカヴァーボーカルや「PENGUIN CAFE ORCHESTRA -tribute-」などコンピCDへの参加が続く。
2000年にミュージシャンの小山田圭吾と結婚し、2001年に長男が誕生したが、2012年に離婚した。
引用元: 嶺川貴子 – Wikipedia.

小桜 葉子(こざくら ようこ、1918年3月4日 – 1970年5月12日)は、日本の女優。東京都出身。日本における美容体操の草分け。本名は池端 具子(いけはた ともこ、旧姓:岩倉)。父は男爵・岩倉具顕(ともあき、具定の五男)で、かつて五百円札に肖像画が使われた岩倉具視は曽祖父に当たる。
>著名な家族 長男 : 加山雄三
長女 : 池端亮子
引用元: 小桜葉子 – Wikipedia.