「ルーン文字」ゲルマン人が使用した古代文字「フサルク」ナチスも使用 未解読文字「線文字A」「インダス文字」 「Sowelu」女性歌手・ルーン文字「太陽」

115zyXewsHpts
(問題文大意)
ヒトラーも使っていたこの文字は?
ミノア文字
ルーン文字(答)
アラム文字
キリル文字

古代文字、ルーンつながりを復習します。
線文字Bなどは「ミノア文字」の種類だったのですね。

スロット
ゲルマン語民族が使っていたルーン文字のことを最初の6文字から別名「○○○○文字」という?
フサルク(答)

CIMG5845oNRAbxqnAViL
次のうち
まだ解読されていない
古代文字を全て選びなさい
線文字B
インダス文字(答)
古代エジプト文字
線文字A(答)

CIMG2427ScSaxelYyiLn
その名前は、古代ルーン文字で
「太陽」を意味する言葉にちなむ
『I Will』『 No Limit』などの
ヒット曲がある女性歌手は?
wuoSle
Sowelu(答)

ルーン文字(ルーンもじ、Runic alphabet)はゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系であり、音素文字の一種である。成立時期は不明であるが、確認されている最初期のルーン銘文は2世紀あるいは3世紀頃のものである[1]。ラテン文字に取って代わられて使用されなくなったが、スカンディナヴィアでは中世後期まで用いられた。一部の地域ではルーンの知識は初期近代まで民間に残存していた[2]。
「ルーン(rune)」という名称の語源としては、「秘密」を意味するゴート語の runa が挙げられる(cf. 古英語: rūn, 古ノルド語: rún)。
>個々の文字をルーンと呼び、ルーン文字のアルファベットを、初めの6つのルーンから「フサルク」 (fuþark) と呼ぶ。このうち、第3ルーン (þ) はソーン (þorn, þotn) と呼ばれ、現代でもアイスランド語で使われている。
本来、木片などにナイフで刻みつけて表記していた。そのため、木目と紛れて読みにくくなりがちな横線が避けられ、縦の長い線と斜めの短い線とを組み合わせた字形になっている。
>国家社会主義ドイツ労働者党 – さまざまなルーンをシンボルに用いた。親衛隊のSS徽章(重ね稲妻)には、アルマネン・ルーネン(英語版)の11番目である「勝利」を意味するジークが使われている。
引用元: ルーン文字 – Wikipedia.

未解読文字(みかいどくもじ)とは、未だ解読されていない文字体系のことである。
>人類は文字を獲得して以来、様々な事柄を文字にして記録に残してきた。昔の人間が書いた内容は様々な学問の分野において価値がある。だが現在の視点から見て、昔の文字体系を全て解明することはできていない。
理由として以下のことがあげられる。
既存の言語からかけ離れた関係にある孤立した言語
発見された文献に使用されていた文字の量が少なすぎ、資料が不足している
>青銅器時代の文字 (紀元前3300年から1200年)
インダス文字 – インダス文明、紀元前およそ3300年以降、おそらく原文字。
ウルク古拙文字 – ウルク文化期(紀元前3200年)にシュメール人による。絵文字としての性格が強いシンボルで、楔形文字の先祖。
原エラム文字 – エラム、紀元前およそ3200年以降。
エラム線文字(英語版) – 紀元前およそ2200年以降。
線文字A – ミノア語、紀元前およそ1900年以降、音節文字。
クレタ聖刻文字 – 紀元前およそ1900年以降。
ワディ・エル・ホル文字 – 紀元前およそ1800年、おそらくアブジャド。
ビブロス文字 – ビブロスの市街、紀元前およそ1700年。音節文字。
ファイストスの円盤 – 紀元前およそ1600年、一つしか存在しないテキスト。
キュプロ・ミノア文字 – 紀元前およそ1500年以降。音節文字。
引用元: 未解読文字 – Wikipedia.

Sowelu(ソエル、1982年11月6日 – )は、日本のソウル・R&B系の歌手。東京都出身。Soweluとは、ルーン文字で太陽を意味する[注 1]。事務所やレコード会社に所属しないでフリーで活動。
引用元: Sowelu – Wikipedia.

ミノアもじ【ミノア文字】

紀元前二〇~前一二世紀に,エーゲ文明で使用された文字の総称。古い順に絵文字・線文字 A ・線文字 B の3種があり,粘土板に記されている。線文字 B 以外は未解読。クレタ文字。
引用元: ミノア文字(ミノアもじ)とは – コトバンク.

世界大百科事典 第2版の解説
アラムもじ【アラム文字】

広義では古アラム語からシリア語までのアラム語群の記録に見える文字の総称。前9~前7世紀の古アラム語は,当時のシリア・パレスティナ地方共通の文字体系であった北西セム文字(いわゆるフェニキア文字)で書かれ,以後のアラム文字はすべて,この文字体系から変化したものである。後期アラム語では各方言ごとに多少とも異なる字形を示し,方言名に従ってサマリア文字,パルミュラ文字,ナバテア文字,シリア文字等と呼ばれる。それゆえ狭義では,アラム語が比較的に統一を保っていた帝国アラム語時代の,上記諸文字の母胎となった文字を,アラム文字と呼ぶ。
引用元: アラム文字(アラムモジ)とは – コトバンク.

アルファベットの文字体系であり、大文字と小文字が存在する。ギリシア正教の宣教師キュリロスとその兄メトディオスによって作られた文字とされ、キュリロスの名前に因んでキリル文字と呼ばれるようになった。ただし実際に彼らが作ったのはグラゴル文字であると言われる。

キリル文字に含まれる文字の多くはギリシア文字に基づいている。主にスラブ語派に属する言語であるロシア語、ウクライナ語、ベラルーシ語、ブルガリア語、セルビア語、マケドニア語等で使用されている。これら以外にも旧ソビエト連邦に所属していた国、およびその周辺の国の言語 (カザフ語、キルギス語、アブハズ語、モンゴル語等) でもキリル文字が使用されている。
引用元: キリル文字とは (キリルモジとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.