「ホヴァンシチナ」 ムゾルグスキーのオペラ 銃兵隊長官イヴァン・ホヴァンスキー公の反乱

014HEyGCLJHuR
主人公の銃兵隊長官とその一味を
ピョートル帝が罵倒した言葉が
タイトルになっている
ムソルグスキーのオペラは?
チンァヴシホナ
ホヴァンシチナ(答)
Khovanshchina
「ホヴァンシチーナ(ホヴァンスキーの陰謀)」

物語の背景
17世紀末のモスクワ。フョードル帝が夭折した後、ロシアは後継者問題に揺れた。結局、フョードルの実弟で、銃兵隊長官イヴァン・ホヴァンスキー公の後ろ盾を得た病弱なイヴァン帝と、異母弟のピョートル帝(後の大帝)が並んで帝位に就き、姉の皇女ソフィアが摂政を務めることになった。ソフィアはヴァシーリー・ゴリーツィン公という寵臣と手を組んでいる。ゴリーツィン公は、朝廷で幅を利かせるリベラル派の政治家であり、ソフィア皇女の愛人でもある。
〉貴族のシャクロヴィートゥイが来て、ホヴァンスキー親子による謀反の計画があることを知ったピョートル帝が——実際にはシャクロヴィートゥイの密告によって知ったのだが——「ホヴァンシチーナ(ホヴァンスキーの陰謀)」に終止符を打つ誓いを立てたと伝える。
引用元: Japanese – Khovanshchina Synopsis.

『ホヴァンシチナ』 (露:Хованщина 〔ハヴァーンシナ [xəvánʃ’ ͡ inə] と発音される[1]〕、ホヴァンシチーナの表記も) は、ムソルグスキーの遺作オペラの一つ。題名は「ホヴァーンスキー事件(ホヴァーンスキー騒動)」の意である。
>ムソルグスキーの前作『ボリス・ゴドゥノフ』同様、本作もロシア史に基づいている。17世紀後半の一連の事件、ピョートル大帝の即位、摂政ソフィアの失脚、銃兵隊弾圧を題材としているが、史実では前後15年に及ぶ出来事[4]を短期間に起きたようにまとめている。また、ピョートル、ソフィアといった真の主役であるロマノフ朝の人物を舞台に登場させることができなかったため、新旧勢力の対比を明確化する必要から、シャクロヴィートゥイのように登場人物の立場を大きく改変(史実ではソフィアの腹心であるが、オペラではピョートルの側で暗躍)するなどしている。
>反乱の立役者イヴァン・ホヴァーンスキー公は銃兵隊長官に就任し、銃兵隊にはおびただしい金品が与えられた。そして、ピョートルはイヴァンの共同統治者に格下げされ、二人のツァーリのもと、ソフィアが摂政として政治を行う体制が確立されたのである。
引用元: ホヴァーンシチナ – Wikipedia.