「毒キノコ」「コレラタケ」「ベニテングタケ」「ワライタケ」 シイタケ開傘順「こうしん」「こうこ」「どんこ」 『ドコノコノキノコ』おかあさんといっしょ・三谷たくみ

297xcpnaumndid
次のキノコを
毒性ごとに
グループ分けしなさい

食用キノコ毒キノコ
ショウゲンジ
ムラサキシメジ
ヤブシメジ
ヤマドリタケ
カエンタケ
オオワライタケ
シロタマゴテングタケ
コレラタケ

313extSBwosiy
次のうち、毒キノコを
1つ選びなさい
キシメジ
セイヨウショウロ
アワビタケ
コレラタケ(答)
ベニテングタケ(答)
キヌガサタケ
ワライタケ(答)
マイタケ

実機で確認したところ、「キシメジ」は「毒キノコ」ではない扱いのようです。ヨーロッパでは「ベニテングタケ」が幸福の象徴なのですね。
「キノコ」つながりを復習します。
314MspTqaHmJR

○×
毒キノコに対して、毒を分解してくれる「解毒キノコ」も存在する
×(答)

CIMG0070JiILVpkeoVGR
次のシイタケの種類を
「かさ」がより開いている
順に選びなさい
こうしん 香信
こうこ 香菇
どんこ 冬菇

CIMG4937XquAEdQllvfX
2010年9月に『おかあさんと
いっしょ」で話題となった歌
ドコノコノキノコ

244QbMNnhdtZb
NHK『おかあさんといっしょ』
の現在のうたのおねえさんです
みたにたくみ
三谷たくみ(本名、三谷 卓美)
引用元: 三谷たくみ(三谷卓美みたにたくみ) 『おかあさんといっしょ』うたのおねえさん | わかればいいのに I wish I knew.

ショウゲンジ(正源寺、Cortinarius caperatus)はハラタケ目フウセンタケ科のフウセンタケ属に分類される食用キノコの一種である。
引用元:ショウゲンジ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%B8

ムラサキシメジ
むらさきしめじ / 紫占地
[学]Lapista nuda (Fr.) Cooke

担子菌類、マツタケ目キシメジ科の食用キノコ。晩秋の雑木林に輪を描いて生える。全体に美しい淡紫色(ライラック色)であるが、日がたつとしだいに色あせる。傘は径5~10センチメートル。ひだは密に並び、美しい淡紫色を帯びる。胞子紋は淡いピンク色。胞子は5~7マイクロメートル×3~4マイクロメートルの楕円(だえん)形で、微細ないぼいぼがある。茎は長さ4~8センチメートル、径1センチメートル内外で根元が膨らむ。ほとんど全世界に分布し、各国で食用にされる。とくに優れた食菌とはいえないが、その美しさと類似の毒キノコがないことで広く親しまれる。フウセンタケ属に色、形が似るものがあるが、ひだと胞子紋が茶褐色なので区別ができる。[今関六也]
引用元:ムラサキシメジ(むらさきしめじ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%B8-1599545

ヤブシメジ
やぶしめじ / 藪占地

毒キノコであるドクササコの別名。竹林や笹(ささ)やぶに発生することが多いことからこの名がある。外観は食用キノコに多いタイプを示すため、毒の語を冠して警戒心を高めたいという意図から、ドクササコが正式和名となっている。[今関六也]
引用元:ヤブシメジ(やぶしめじ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%B8-1602395

ドクササコ
どくささこ / 毒笹子
[学]Clitocybe acromelalga Ichimura

担子菌類、マツタケ目キシメジ科の毒キノコ。別名ヤブシメジ、ヤケドタケ。傘は径3~8センチメートル、中央が深くくぼんだ漏斗(ろうと)形で、橙褐色(とうかっしょく)ないし茶褐色。肉は白く無味無臭。ひだは黄白色で密に並び、茎に垂生する。茎は長さ2~5センチメートル、太さ3~8ミリメートルで、傘と同色。縦に裂けやすい。胞子は広楕円(こうだえん)形ないし卵形で、2.5~4マイクロメートル×1.5~3マイクロメートル。10月、竹林やささやぶに多いが、雑木林にも群生する。日本特産で東北、北陸、近畿地方に分布する。なお、関東、東海地方では記録がなかったが、1982年、群馬県で発見された。中毒症状は特異で、食後4~5日後に発病、手足の指先が赤く腫(は)れて焼け火箸(ひばし)で刺すような激痛が1か月以上も続く。適確な治療法はまだ確立していないが、冷水に手足を浸して痛みを和らげ、ニコチン酸を20~150ミリグラム投与するのが有効という。ドクササコは、色には毒々しさがなく、また、形も食用キノコに多いタイプのうえ、潜伏期間が長いということから、初めはキノコ中毒とは気づかれず、季節的に発生する一種の神経痛と誤解されてきた。最近は、キノコ中毒の多発地方では県単位のキノコ図鑑が出版され、毒茸(どくたけ)に対する教育が進んできたので、ドクササコの中毒例も少なくなったが、油断はできない。[今関六也]
引用元:ドクササコ(どくささこ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%B3-1570734

コレラタケ(虎列剌茸、学名 Galerina fasciculata)は、フウセンタケ科ケコガサタケ属のキノコ。旧名ドクアジロガサ(毒網代傘)。細菌性感染症のコレラに似た症状を呈し、致命的な毒性を持つことから、社会に対して毒キノコとしての注意を喚起するため、このように改名された。
引用元: コレラタケ – Wikipedia.

ベニテングタケ(紅天狗茸、学名: Amanita muscaria)は、ハラタケ目テングタケ科テングタケ属のキノコ。毒性、向精神性の担子菌類である。アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどの各地で広くみられる。日本の方言名アシタカベニタケ、英語ではフライ・アガリックと呼ばれる。ヨーロッパでは、毒キノコにもかかわらず幸福のシンボルとして親しまれている[1]。「ベニテングダケ」という表記は俗称。
引用元: ベニテングタケ – Wikipedia.

ワライタケ(笑茸、学名:Panaeolus papilionaceus)はヒトヨタケ科ヒカゲタケ属の毒キノコ。
傘径2~4cm、柄の長さ5~10cm。春~秋、牧草地、芝生、牛馬の糞などに発生。しばしば亀甲状にひび割れる。長らくヒカゲタケ (Panaeolus sphinctrinus) やサイギョウガサ(Panaeolus retirugis)、P.campanulatusと区別されてきたが、これら4種は生息環境が違うことによって見た目が変わるだけで最近では同種と考えられている。
引用元: ワライタケ – Wikipedia.

キシメジ(黄占地、Tricholoma equestre)は、ハラタケ目キシメジ科キシメジ属キシメジ亜属キシメジ節のキノコ。アカマツ林、コナラ林、ミズナラ林等に生える。傘は黄色く、褐色の細かい鱗片がある。中央は鱗片が多い。ひだはやや黄色でやや疎。柄も黄色く、下部に褐色鱗片が多くある。肉は無臭で弱い苦味がある。おひたし、ホイル焼きなどで食用にされるが、欧州で中毒の報告があるので要注意。類似種にシモコシ、カラキシメジがあるが、シモコシは無味、カラキシメジは辛味があり触ると変色する。
引用元: キシメジ – Wikipedia.

キシメジ学名:Tricholoma flavovirens)は、秋にコナラ、ミズナラなどのナラ類の林内地上に発生する毒キノコです。しかし、これまでキシメジは針葉樹林、広葉樹林ともに発生すると言われていた。最近では、毒キノコだと言われるようになった。いずれにしても疑わしい毒きのこは口にしないようにしましょう。傘は、初めまんじゅう形から中央部がもりあがった平ら形に開く。色は黄色で中央部付近は褐色をおびる事もあり、その周囲に褐色の小さな鱗片がつく。 ひだは鮮黄色で並び方は密。柄に湾生する。柄は傘とほぼ同色か、やや淡色で根もとがややふくらむ場合もある。

>キシメジの有毒成分による症状は不明ですが毒キノコに分類されています。しかし、毒キノコにある少し苦い成分が含まれていますが、水に数時間晒すことで苦みは消えます。毒キノコですので生食はおやめください。
引用元:キシメジの有毒成分の種類と症状を説明 毒キノコ図鑑|キシメジ- http://dokukinoko.e840.net/doku013.html

セイヨウショウロ(西洋松露、Tuber spp.)とは、子嚢菌門セイヨウショウロ科セイヨウショウロ属に所属するきのこの総称である。トリュフ(仏: truffe、 英: truffle)の名で高級食材として知られる。
引用元: セイヨウショウロ – Wikipedia.

アワビタケ(学名:P. eryngii var. touliensis CJ.Mou)は、ヒラタケ科、ヒラタケ属の菌類。食用キノコの一種で、パイリング、白霊茸(ハクレイタケ)、雪嶺茸(ユキレイタケ)とも呼ばれる。強い香りとシコシコとした食感を持つ。この食感がアワビのもつそれと似ているため、このように名付けられた。日本原産ではなく、中国大陸から近年入ってきたキノコである。
引用元: アワビタケ – Wikipedia.

キヌガサタケ(衣笠茸、Phallus indusiatus Vent.)はスッポンタケ目スッポンタケ科スッポンタケ属に属するキノコの一種である。
〉中国では、子実体基部の「つぼ」を除去し、さらに粘液化した基本体を洗い流して乾燥させ、スポンジ状の托とレース状の菌網とを食用にしている。広東料理や雲南料理でしばしば使われ、スープの具材としたり、中空の托の内部に詰め物を入れ、蒸し物に用いたりする。
引用元: キヌガサタケ – Wikipedia.

マイタケ(舞茸、学名:Grifola frondosa、英:Hen of the Woods)は担子菌門トンビマイタケ科のキノコ。食用として馴染み深いキノコである。中国語名は「灰樹花」。
引用元: マイタケ – Wikipedia.

ドコノコノキノコとは、NHK教育のテレビ番組『おかあさんといっしょ』内で歌われている楽曲である。
>作詞:もりちよこ 作曲:ザッハトルテ
歌:横山だいすけ(うたのおにいさん)、三谷たくみ(うたのおねえさん)

『おかあさんといっしょ』 2010年9月度の「こんげつのうた」として放送されたのが初出。
キノコが音楽に合わせてかさをパカパカと開けて踊り、素朴な顔のキノコが浮遊したり漂ったり、終始シュールな映像で視聴者に強いトラウマインパクトを与えた。
引用元: ドコノコノキノコとは (ドコノコノキノコとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.