映画と主演女優(角川三人娘) 薬師丸ひろ子『探偵物語』『Wの悲劇』 渡辺典子『結婚案内ミステリー』『いつか誰かが殺される』 原田知世『天国にいちばん近い島』『私をスキーに連れてって』

045diTZnNSdwR
次の映画を主演女優ごとに
グループ分けしなさい

薬師丸ひろ子渡辺典子原田知世
探偵物語
結婚案内ミステリー
Wの悲劇
いつか誰かが殺される
天国にいちばん近い島

薬師丸ひろ子の主演映画第3作。アイドル絶頂期に大学受験で休業していた薬師丸の復帰作である。相手役である松田優作との身長差30センチや、当時の清純派アイドル女優としては極めて異例であるディープキスシーンなどで話題を呼んだ。
引用元: 探偵物語 (1983年の映画) – Wikipedia

赤川次郎の同名小説を「新幹線大爆破」の小野竜之助が脚色し「愛情物語」で助監督を務めた松永好訓が監督したミステリー。主演は角川三人娘の渡辺典子。渡辺謙が一人二役で、得意のスキーとトランペットを披露している。
引用元: 映画 結婚案内ミステリー – allcinema

『Wの悲劇』(ダブリューのひげき)は、1984年12月15日に公開された日本の青春映画。監督は澤井信一郎。薬師丸ひろ子主演。カラー・108分。併映は原田知世主演の『天国にいちばん近い島』。15.5億円の配給収入は1985年の邦画で4位となった[1]。
夏樹静子の小説『Wの悲劇』が原作とクレジットされているが、小説は本映画中で上演される舞台劇の原作という形になっており、ストーリーはその舞台を演じる女優の成長と恋を描いた青春映画である。
引用元: Wの悲劇 (映画) – Wikipedia

 赤川次郎の同名小説を「ピンクのカーテン」シリーズの高田純が脚色し「十階のモスキート」の崔洋一が監督して映画化。角川三人娘の一人である渡辺典子の主演作品。
 永山財閥の家長である志津は誕生パーティーに、子供たちの名前を組み合わせた「モリヤアツコ」という18歳の女性を招待できるか、賭けをすることにした。
引用元: 映画 いつか誰かが殺される – allcinema

薬師丸 ひろ子(やくしまる ひろこ、本名:薬師丸 博子(読み同じ)、1964年6月9日 – )は、東京都港区北青山出身の女優、歌手。東京都立八潮高等学校、玉川大学文学部英米文学科卒業。身長155センチメートル。
>主な作品
映画
『野性の証明』
『セーラー服と機関銃』
『探偵物語』
『Wの悲劇』
『ALWAYS 三丁目の夕日』
『今度は愛妻家』
引用元: 薬師丸ひろ子 – Wikipedia

原田 知世(はらだ ともよ、1967年11月28日 – )は、日本の女優、歌手。
長崎県長崎市出身。ショーン・ハラダ所属。原田貴和子は実姉。
主な作品
映画
『時をかける少女』
『天国にいちばん近い島』
『私をスキーに連れてって』
引用元: 原田知世 – Wikipedia

渡辺 典子(わたなべ のりこ、1965年7月22日 – )は、大分県大分市出身の女優。 青年座映画放送に所属していた。血液型A型、身長153cm。
主な作品
映画
『伊賀忍法帖』
『晴れ、ときどき殺人』
『いつか誰かが殺される』
『結婚案内ミステリー』
引用元: 渡辺典子 (女優) – Wikipedia