「コリン・ファース」イギリスの俳優『裏切りのサーカス』『モネ・ゲーム』  「コリン・ファレル」アイルランド出身の俳優『マイアミ・バイス』『フォーン・ブース』『マイノリティ・リポート』『デッドマン・ダウン』

131reTRtGQ
次の映画を
出演した俳優ごとに
グループ分けしなさい

コリン・ファースコリン・ファレル
裏切りのサーカス
フォーン・ブース
モネ・ゲーム

218ZPhNKOLQBi
『マイアミ・バイス』
『フォーン・ブース』
『マイノリティ・リポート』
『アレキサンダー』
ブレンダン・フレイザー
コリン・ファレル(答)
アントニオ・バンデラス
ヒュー・ジャックマン

『デッドマン・ダウン』もどうぞ。

CIMG4336INnGTFsaNSGm
コリン・ファレルが仲間の
復讐に燃える主人公を演じた
2013年11月公開の映画は
『デッドマン・○○○』?
ガタド
レウー
ダラズ
ダウン(答)
『デッドマン・ダウン』

コリン・アンドリュー・ファース(Colin Andrew Firth, CBE, 1960年9月10日 – )は、イギリスの俳優。
>1995年にBBCで放映されたジェーン・オースティン原作の『高慢と偏見』のダーシー役でスターの座を確たる物にする[8]。ヘレン・フィールディングはこのドラマのファンで、コリン・ファース扮するMr.ダーシーを元に『ブリジット・ジョーンズの日記』のマーク・ダーシーのキャラクターを作り上げたという。映画化された『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ2作でマーク・ダーシー役を演じている。
2009年公開のトム・フォード映画初監督作品『シングルマン』でヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞し、第82回アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた。
2010年には『英国王のスピーチ』でイギリス王ジョージ6世を演じ、第68回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)を受賞した。また、2年連続で英国アカデミー賞主演男優賞も受賞し、更にアカデミー主演男優賞も受賞した。
引用元:コリン・ファース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9

元英国諜報員でスパイ小説の大家として知られる、ジョン・ル・カレの傑作を映画化。映画ならではの派手な銃撃戦やアクションを排し、スパイ同士のスリリングな頭脳戦が展開されるミステリーだ。老スパイに扮したゲイリー・オールドマンは本作でアカデミー賞主演男優賞候補に。監督は『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン。
>標的は組織幹部である“ティンカー”ことパーシー・アレリン(トビ―・ジョーンズ)、“テイラー”ことビル・ヘイドン(コリン・ファース)、“ソルジャー”ことロイ・ブランド(キアラン・ハインズ)、“プアマン”ことトビー・エスタヘイス(デヴィッド・デンシック)の4人。過去の記憶を遡り、証言を集め、容疑者を洗いあげていくスマイリー。浮かび上がるソ連の深部情報ソース<ウィッチクラフト>、そしてかつての宿敵・ソ連のスパイ、カーラの影。やがてスマイリーが見い出す意外な裏切り者の正体とは……。
引用元:裏切りのサーカス | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv49541/

全米No.1ヒットを記録した、コリン・ファレル主演のサスペンス劇。電話ボックスという限定された場所を舞台に、先読み不可能なストーリーが展開される緊迫感あふれる快作だ。
引用元:フォーン・ブース | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv32546/

コリン・ファースとキャメロン・ディアスが凸凹コンビのサギ師に扮するコメディ。名画を使ったサギを計画するも、美人で天然な相棒のせいで計画が危うくとん挫してしまいそうになる顛末がコミカルに描かれる。キャメロンが憎めない天然女をキュートに演じる。ジョエル&イーサンのコーエン兄弟が脚本を担当。
引用元:モネ・ゲーム | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv50457/

コリン・ジェームズ・ファレル(Colin James Farrell, 1976年5月31日 – )は、ハリウッドを中心に活躍するアイルランド人俳優。身長178cm。
>主な作品
『フォーン・ブース』
『S.W.A.T.』
『ヒットマンズ・レクイエム』
>が、2003年に主演を務めた『フォーン・ブース』と『リクルート』が商業的に成功し、キャリアに加速をかけた。ファレルは元々かなり強いアイルランド訛りがあるが、上記作品では極力アメリカ訛りを使用している。また脇を固める助演男優としても頭角を現し、『マイノリティ・リポート』(2002年)は司法省の官僚役でトム・クルーズと、『デアデビル』(2003年)ではブルズアイ役でベン・アフレックと共演しその存在感の強さを示した。
>2006年にはジェイミー・フォックスと共演したサスペンス・アクション『マイアミ・バイス』が成功。同作品の配給を行ったユニヴァーサル・ピクチャーズは、全世界3000館で公開し、第一週だけで2570万ドル、全世界興行収入1億6300万ドルという成功を収めた。
2008年公開の『ヒットマンズ・レクイエム』でゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。
引用元: コリン・ファレル – Wikipedia.

ブレンダン・フレイザー(Brendan Fraser、1968年12月3日 – )はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス出身の俳優。アイルランド系で、フランス語も話す[1]。
>主な作品
『ハムナプトラ』シリーズ
『センター・オブ・ジ・アース』
引用元: ブレンダン・フレイザー – Wikipedia.

ホセ・アントニオ・ドミンゲス・バンデラス(José Antonio Domínguez Banderas, 1960年8月10日 – )は、スペインマラガ出身の俳優。
>主な作品
『デスペラード』
『マスク・オブ・ゾロ』
『シュレック2』

ヒュー・マイケル・ジャックマン(Hugh Michael Jackman, 1968年10月12日 – )は、オーストラリア出身の俳優・映画プロデューサー。身長189cm。左利き。
>主な作品
『X-MEN』シリーズ
『ヴァン・ヘルシング』
『リアル・スティール』
『レ・ミゼラブル』
引用元: ヒュー・ジャックマン – Wikipedia.

’80年代に大ヒットした人気刑事ドラマの映画化。楽園都市、マイアミを舞台に、コリン・ファレル&ジェイミー・フォックスが、青い海をバックに強烈なアクションを展開する!
引用元: マイアミ・バイス | Movie Walker.

「タイガーランド」(00)で批評家の絶賛を浴びたジョエル・シュマッカー監督が、同作で注目を集めて今や出演作続々のコリン・ファレルを主演に描く異色サスペンス。自称一流パブリシストのスチュが、公衆電話の受話器を置いた途端にベルの音が。思わず受話器を取ると、正体不明の人物が彼を脅迫、電話ボックスをライフルで銃撃する。いったい誰が何の目的で? 臨場感溢れる撮影はアロノフスキー作常連のマシュー・リバティック。
引用元: フォーン・ブース : 作品情報 – 映画.com.

 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレヴ監督が、再びノオミ・ラパスとタッグを組み、コリン・ファレルを主演に迎えて記念すべきハリウッド・デビューを飾ったクライム・アクション。ニューヨークのギャング組織でボスの右腕として活躍する男と、彼に近づく謎めいた女が辿る予測不能の運命をスリリングに描く。共演はテレンス・ハワード、ドミニク・クーパー、イザベル・ユペール。
引用元: 映画 デッドマン・ダウン – allcinema.