中山美穂『Virgin Eyes』『Witches』南野陽子『秋のIndication』浅香唯『Believe Again』

025aWTEEKdobE
次の1990年代のヒット曲を
歌手毎にグループ分けしなさい

中山美穂南野陽子浅香唯  
秋のIndication
Virgin Eyes
Believe Again
Witches

「秋のIndication」(あきのインディケイション)は、1987年9月にリリースされた南野陽子の9枚目のシングル。
>江崎グリコ「セシルチョコレート」のコマーシャルソングに起用され、南野本人も出演した。「楽園のDoor」から続くオリコン1位を4曲連続で獲得。
引用元: 秋のIndication – Wikipedia.

「Virgin Eyes」(ヴァージン・アイズ)は、中山美穂の16枚目のシングル。1989年7月12日にキングレコードからリリースされた。(CDS:KIDS-98)
>中山が昔から好きだった杏里チームによる作品。
Bassは青木智仁による演奏。
表題作は本人主演の東宝系映画『どっちにするの。』の主題歌。同映画のサウンドトラック盤ではフェイドアウトしないバージョンで収録された。
引用元: Virgin Eyes – Wikipedia.

「Believe Again」(ビリーブ・アゲイン)は、1988年1月にリリースされた浅香唯の9枚目のシングルである。(EP: 7HB-37)
>本人主演の映画『スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲』(フジテレビ系ドラマ『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』の劇場版)の主題歌。
引用元: Believe Again – Wikipedia.

「Witches」(ウィッチズ)は、中山美穂の14枚目のシングル。1988年11月14日にキングレコードからリリースされた。(CDS:KIDS-97)
>前シングル「人魚姫」に続くフェアリーコンセプトに基づく作品。
『第17回 FNS歌謡祭』グランプリ受賞曲。
この曲で『第39回NHK紅白歌合戦』に初出場し、以後7年連続で出場した。
引用元: Witches – Wikipedia.