バーナード・ショー『人と超人』『メトセラへ還れ』『ピグマリオン』 バーナード・「ハーマン」作曲家『北北西に進路を取れ』

033sVecSjSvlZ
1925年ノーベル文学賞受賞
『人と超人』
『メトセラへ還れ』
『ピグマリオン』
ディケンズ
バーナード・ショー(答)
ジョージ・エリオット
オスカー・ワイルド

エリオットは女性の作家です。
バーナードつながりもどうぞ

CIMG6335
映画『北北西に進路を取れ』や
『タクシードライバー』などの
音楽を担当したアメリカの
作曲家はバーナード・◯◯◯◯?
マハスノタ
イラーダン
ハーマン(答)
「バーナード・ハーマン」

CIMG6433
次のうち
女性の作家を
全て選びなさい
ジョージ・エリオット───イギリス女性作家『サイラス・マーナー』
サルマン・ラシュディ───インド男性作家『悪魔の詩』
バルガス・リョサ───ペルー男性作家『都会と犬ども』

ナディン・ゴーディマ───アフリカ女性作家『保護管理人』
スタニスワフ・レム───ポーランド男性作家『ソラリスの陽のもとに』
パール・バック───アメリカ女性作家『大地』
ミゲル・アストゥリアス───グアテマラ男性作家『グアテマラ伝説集』
ウォーレ・ショインカ───ナイジェリア男性作家『死と王の先導者』
アーシュラ・ル=グイン───アメリカ女性作家『ゲド戦記』『闇の左手』
バージニア・ウルフ───イギリス女性作家『ダロウェイ夫人』
ロムロ・ガリェゴス───ベネズエラ男性作家・元大統領『ドニャ・バルバラ』

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 – 1950年11月2日)は、イギリスで19世紀から20世紀に活躍したアイルランド出身の劇作家、劇評家、音楽評論家、政治家、教育家。特にイギリス近代演劇の確立者として有名であり、精力的に作品を書き続けて94歳で没するまでに53本もの戯曲を残し、1925年にはノーベル文学賞を受賞した。
>代表作 『ピグマリオン』
『聖女ジョウン』
『ウォレン夫人の職業』
『シーザーとクレオパトラ』
引用元: ジョージ・バーナード・ショー – Wikipedia.

男を獲物と考える「生命力」の哲学を、主人公ジョン・ターナーとアン・ホイットフィールドに語らせた長編喜劇『人と超人』、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の粉本となった『ピグマリオン』の二作を収めた、ショーの代表作品集。
溌剌たる喜劇精神にあふれた、この劇作家を知る恰好の戯曲集。
引用元: BookWebPro 和書検索.

メトセラへかえれ
Back to Methuselah

イギリスの戯曲。5部8幕。 G.B.ショー作。 1918~20年に執筆。初演は 22年ニューヨークのシアター・ギルド公演。また 23年にはバーミンガムで B.ジャクソンが上演。人間が真に円熟した年齢に達するためには,少くとも数百年の寿命を必要とし,それが得られなければ理想社会の実現は不可能だという主張のなかに,第1次世界大戦に対するショーの激しい怒りがうかがえる。
引用元: メトセラへ帰れ(メトセラへかえれ)とは – コトバンク.
引用元: メトセラへ帰れ(メトセラへかえれ)とは – コトバンク.

チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens, 1812年2月7日 – 1870年6月9日)は、ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家である。主に下層階級を主人公とし弱者の視点で社会を諷刺した作品を発表した。
新聞記者を務めるかたわらに発表した作品集『ボズのスケッチ集(Sketches by Boz)』から世にでる。英国の国民作家とも評されていて、1992年から2003年まで用いられた10UKポンド紙幣には彼の肖像画が描かれている。英語圏では、彼の本、そして彼によって創造された登場人物が、根強い人気を持って親しまれている。『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』などは、忘れ去られることなく現在でも度々映画化されており、英語圏外でもその作品が支持され続けていることを反映している。
>代表作 『オリバー・ツイスト』
『クリスマス・キャロル』
『デイヴィッド・コパフィールド』
『荒涼館』
『大いなる遺産』
引用元: チャールズ・ディケンズ – Wikipedia.

ジョージ・エリオット(George Eliot、1819年11月22日 – 1880年12月22日)は、イギリスの作家。本名はメアリー・アン・エヴァンズ(Mary Anne Evans、マリアン Marian ないしメアリ・アン Mary Annとも)。ヴィクトリア朝を代表する作家の一人で、心理的洞察と写実性に優れた作品を発表した。『アダム・ビード』『サイラス・マーナー』『ミドル・マーチ』などの作品で知られており、特に『ミドル・マーチ』は後世のヴァージニア・ウルフによって賞賛され、マーティン・エイミスやジュリアン・バーンズによって英語で書かれた最高の小説のひとつに数えられている[1][2]。
>以後、無実の罪を着せられた絶望から貯蓄だけが楽しみとなった職工が、孤児の養育を通じて心を洗われていくさまを描いた『サイラス・マーナー』(1861年)、サヴォナローラ時代のイタリアを舞台とした『ロモラ』(1862年)、複数の家庭のドラマを錯綜させ地方都市の生態を描き出した大作『ミドル・マーチ』(1871-72年)など、一作ごとに文名を高めていった。
引用元: ジョージ・エリオット – Wikipedia.

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O’Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 – 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。
耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。
>代表作 『ドリアン・グレイの肖像』
『サロメ』
『幸福な王子』
引用元: オスカー・ワイルド – Wikipedia.

バーナード・ハーマン(Bernard Herrmann, 1911年6月29日 – 1975年12月24日、ニューヨーク市生まれ)は、主に映画音楽で活躍したアメリカの作曲家で、アルフレッド・ヒッチコック監督作品(『めまい』、『北北西に進路を取れ』など)や『市民ケーン』、『ケープ・フィアー』、『タクシードライバー』(遺作となった)など多くの映画作品に音楽を提供した。
引用元: バーナード・ハーマン – Wikipedia.