「ト音記号」G-clef 「ヘ音記号」F-clef ハ音記号」C-clef

032eukXwOZJbc
英語では「treble clef」
「G clef」などと呼ばれる
音楽記号は?
(画像出題)
ト音記号をタッチ(答)

「ヘ音記号」はF-clef
「ハ音記号」はC-clef

音部記号(おんぶきごう)は西洋音楽の五線記譜法による楽譜に用いられる音楽記号の一種。五線の左端に記し、五線上の位置と音の高さとの関係を指定する。
>ト音記号は、中央ハ音のすぐ上のト(G、ソ)の音の位置を示す音部記号。Gの文字を図案化したものである。一般的には、高音部を記すために使われるが、低音部でもこの記号を使う場合がある。この場合、トレブル記号の下に小さく「8」と書き、中央ハのすぐ下のト(G、ソ)の音を示すものとすることが多い。
>ヘ音記号は、中央ハ音のすぐ下のヘ(F、ファ)の音の位置を示す音部記号。Fの文字を図案化したものである。一般的には、低音部を記すために使われる。
>ハ音記号は、中央ハ(C、ド)の音の位置を示す音部記号。Cの文字を図案化したものである。中音域の音を記すのに適している。古典派以前では、ソプラノ、アルト、テノールなどの声域のためにはハ音記号を使うのが正規のものとされていたが、今日その慣習の大部分は廃れている。
引用元: 音部記号 – Wikipedia.

A clef (from French: clef “key”) is a musical symbol used to indicate the pitch of written notes.[1] Placed on one of the lines at the beginning of the stave, it indicates the name and pitch of the notes on that line.
>There are three types of clef used in modern music notation: F, C, and G. Each type of clef assigns a different reference note to the line (and in rare cases, the space) on which it is placed.
引用元: Clef – Wikipedia, the free encyclopedia.