『シャニダールの花』黒木華(はる)主演 イラクの「シャニダール遺跡」ネアンデルタール人が花のベッドで埋葬

012HHjIjorFxW
綾野剛演じる植物学者が、少女
の胸に咲く謎の花の解明に挑む
石井岳龍が監督を務めた
2013年7月公開の映画は?
ダ花ャシニルの-
シャニダールの花(答)

主演女優は黒木華(くろきはる)で難読です。
イラクの「シャニダール遺跡」由来

CIMG6063VZGfibbpFCHy
中島京子の小説を原作とする
2014年2月公開の山田洋次監督
の映画は『小さな(い?)○○○』?
○を答えなさい
おうち(答)
『小さいおうち』

映画はごく限られた女性の胸に咲く“シャニダールの花”をめぐる、幻想的なラブストーリー。シャニダールの花を利用した新薬開発を進める研究所に勤める植物学者の大瀧(綾野剛)が、セラピストの響子(黒木華)と恋に落ちながら、危険な花の魅力にとりつかれていく。

シャニダールとは、ネアンデルタール人の化石が発見されたイランのシャニダール遺跡のこと。埋葬されたネアンデルタール人の骨と一緒に花の化石が発見されたことから、野蛮だったとされる彼らが実際には死者を悼み、花を捧げていたという仮説から「人類の“心”が発生した瞬間だと言われている。花と人間の関係性を語る上で象徴的な事件」(石井監督)。

また、花による新薬開発という設定に「花は薬にも毒にもなる。非常に繊細で神秘的な危うさに惹きつけられる」といい、「何かが発明されるたびに、人間は大切な何かを失っている。その原点が、ネアンデルタール人が死者に捧げたシャニダールの花だと思う」と本作が問いかけるテーマを説明。「今は肉食系、草食系という言葉もあるが、実は植物には静かで強い生命力がある。植物の生き方を通して、生きるヒントにしてもらえれば」と熱弁していた。
引用元: 石井岳龍監督、最新作『シャニダールの花』の着想はネアンデルタール人から?|ニュース@ぴあ映画生活.

黒木 華(くろき はる、1990年3月14日[1] – )は日本の女優。大阪府出身。パパドゥ所属[1]。氏名を「くろきはな」と読むのは誤りである。
>2011年には『東京オアシス』にメインキャストとして映画初出演した。2012年には『おおかみこどもの雨と雪』で声優初挑戦、2013年には連続テレビ小説『純と愛』、『リーガルハイ』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演(ダブル主演)した『シャニダールの花』や『舟を編む』での演技が評価され、キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞した。
2014年には『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。日本の女優では左幸子、田中絹代、寺島しのぶに次いで史上4人目であり、23歳での受賞は日本人最年少である[9][10]。映画祭の総評では「(黒木の)演技力は群を抜いていた。」と評された[11]。銀熊賞受賞に際しては、内閣官房長官の菅義偉(当時)も祝意を示した[12]。同作では第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞も受賞。また、その年最も活躍し将来の活躍が期待できる俳優に贈られるエランドール賞新人賞も受賞した。
引用元: 黒木華 – Wikipedia.

シャニダール遺跡
しゃにだーるいせき
Shanidar

イラクの北部、ザーグロス山脈中の複合洞窟(どうくつ)遺跡。上層には農耕直前の生活を示す原新石器文化層や中石器文化層があり、次に石刃(せきじん)系文化である後期旧石器文化(バラドスト文化)が続く。
>さらに人骨遺跡周辺の土壌から採取された花粉は、今日でも周辺に咲く美しい野の花であったことが判明し、死者を花で飾って弔ったと推測されている。ソレッキは彼らを「最初に花を愛(め)でた人々」とよび、多くの人の共感を得た。[香原志勢]
『ラルフ・S・ソレッキ著、香原志勢・松井倫子訳『シャニダール洞窟の謎』(1977・蒼樹書房)』
引用元: シャニダール遺跡(シャニダールいせき)とは – コトバンク.

一方でイラクのシャニダール遺跡 (en) では『花の供えられた埋葬』で有名であるが、ここで発見されたムスティエ文化期の石器はウズベキスタンのテシク・タシュ遺跡 (en) と文化的には同一なものである。シャニダールでは他にも洞穴の崩落で押しつぶされた人々が発見されているが、シャニダール4号の人物は岩を掘りぬいた墓の中に南枕で埋葬されていた。調査の結果、遺体は花のベッドの上に安置されて埋葬されていることが明らかになり、キク科、ユリ科、マオウ科、アオイ科の花粉が発見されている[24]。
引用元: ムスティエ文化 – Wikipedia.