ジッロ・「ポンテコルヴォ」 イタリアの映画監督 金獅子賞『アルジェの戦い』『ケマダの戦い』

013ZXRROSSexw
1960年代に『アルジェの戦い』
『ケマダの戦い』などの作品を
残したイタリアの映画監督は
ジッロ・◯◯◯◯◯◯◯?
ポヴルンォコテ
ポンテコルヴォ(答)
「ジッロ・ポンテコルヴォ」
Gillo Pontecorvo

ジッロ・ポンテコルヴォ(Gillo Pontecorvo, 1919年11月19日 – 2006年10月12日)は、イタリアの映画監督。『アルジェの戦い』(1966, 原題: La battaglia di Algeri, 英題: The Battle of Algiers)で1969年アカデミー監督賞にノミネートされ、また同作品でヴェネツィア国際映画祭でグランプリ(金獅子賞)を獲得した。2000年にはヴェネツィア国際映画祭でピエトロ・ビアンキ賞を受賞した。
>『アルジェの戦い』(1966)は、アルジェリア独立戦争時のアルジェリア側の民衆の抵抗を描いた作品である。この作品はロッセリーニたちのネオ・リアリスモの影響を受けた作品で、ニュース画面のような映像とアマチュア俳優を使い、ほとんど普通のメディアから注目されなかった公民権のない民衆たちを主人公としている。この作品は米国本土でも一般公開され、米国アカデミー賞の監督賞と脚色賞にもノミネートされた。
引用元: ジッロ・ポンテコルヴォ – Wikipedia.

フランコ・ソリナスの脚本をジロ・ポンテコルヴォが監督したアルジェリア独立戦争を描いた作品で、一九六六年度ベネチア映画祭においてグラン・プリを獲得した。撮影はマルチェロ・ガッティ、音楽はエンニオ・モリコーネと監督のジロ・ポンテコルヴォが担当した。出演はすべてアルジェリア現地人が起用され、ジャン・マルタン、ヤセフ・サーディ、ブラヒム・ハジャク、トマソ・ネリ、ファウチア・エル・カデルなど。製作はアントニオ・ムーズ。
引用元: アルジェの戦い | Movie Walker.

十九世紀のポルトガル領ケマダに英国から送り込まれた革命家は、見事革命をおこして英領とする。が、ケマダに再び革命の火が燃えた。英国とケマダの狭間に立つ彼の苦悩と自由を求める住民の熱気を描く。製作は「サテリコン」のアルベルト・グリマルディ、監督は「アルジェの戦い」のジロ・ポンテコルヴォ、
引用元: ケマダの戦い | Movie Walker.