遊廓に居残る 『居残り佐平次』

058aOnHycAtMR
落語『居残り佐平次』で
佐平次が居残る場所は
遊郭である
◯(答)

居残り佐平次(いのこりさへいじ)は、古典落語の演目の一つ。
>右を向いても左を向いても貧乏人が集まったとある長屋。その輪にいた佐平次という男が「品川にある遊郭に繰り出そう」と言い出した。金もないのにどうやって?と思いながらも一同、品川へ。 一泊して後、佐平次は「実は結核に罹って医者から転地療養を勧められていた。だからここに残る」と言い出し、ほかの仲間を帰した。 その後若い衆に「勘定はさっきの仲間が持ってくる」といい居続け。翌日も「勘定勘定って、実にかんじょう(感情)に悪いよ」とごまかし、その翌日も居続け、しびれを切らした若い衆に、「あいつらなんて知らないよ」「金?持ってないよ」と宣言。店の帳場は騒然。 佐平次少しも応えず、みずから店の布団部屋に篭城した。
>覚えておけ、俺の名は遊郭の居残りを職業にしている佐平次ってんだ、ガハハハ・・・」と捨て台詞を残して去っていった。 若い衆は急いで店主に報告する。すべてを知り、激怒する店主。 「ひどいやつだ。あたしの事をおこわにかけやがったな」 そこで、若い衆が一言。 「旦那の頭がごま塩ですから・・・」
引用元: 居残り佐平次 – Wikipedia.

45歳の若さで亡くなった川島雄三監督の代表作である異色コメディ映画で、実在した遊郭「相模屋」を舞台に起こる様々な出来事をグランドホテル方式という構成で、テンポ良く描いている。50年前の時代劇映画であるにもかかわらず年代を問わず観客の支持を得ており、日本映画史上の名作の一本として数えられる。
ストーリーはオリジナルだが、落語『居残り佐平次』から主人公を拝借し、『品川心中』『三枚起請』『お見立て』などの物語を随所に散りばめた。脚本はチーフ助監督も務めた今村昌平と田中啓一が川島と共同で執筆し、フランキー堺が主演した。1957年度のキネマ旬報ベストテンで第4位にランクインされた。
引用元: 幕末太陽傳 – Wikipedia.