『「ブライズメイズ」史上最悪のウェディングプラン』 花嫁介添人の奮闘を描いたコメディ クリスティン・ウィグ主演

024RDagjlQPbr
アラフォー女子たちを描いた
2012年公開のコメディ映画は
『◯◯◯◯◯◯◯ 史上最悪の
ウェディングプラン』?
ズズラメイイブ
ブライズメイズ(答)
『ブライズメイズ史上最悪のウェディングプラン』
Bridesmaids 花嫁介添人

『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(ブライズメイズ しじょうさいあくのウェディングプラン、Bridesmaids)は、2011年のアメリカ映画。 第84回アカデミー賞で脚本賞(クリステン・ウィグ、アニー・マモロー)と助演女優賞(メリッサ・マッカーシー)にノミネートされた(受賞はならず)。
>ストーリー
仕事も恋も全く上手く行かない冴えない女性アニーは、幼なじみの親友リリアンが結婚することを聞き、祝福したい気持ちとは別に複雑な思いを抱く。それでも、リリアンから「メイド・オブ・オナー(花嫁介添人のリーダー)」を任されたアニーは、リリアンのために結婚式のプランを必死に考える。ところが、リリアンの婚約者ダグの上司ペリーの妻でセレブな美女ヘレンがブライズメイド(花嫁介添人)に加わったと知ると、アニーは親友リリアンをヘレンに奪われたような嫉妬心から、ヘレンと無理に張り合うようになり、結果として数々の致命的な失敗を犯してしまう。
引用元: ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン – Wikipedia.

アラフォー女子の奮闘を描き、第84回アカデミー賞でメリッサ・マッカーシーが助演女優賞、そして脚本賞と2部門でノミネートの快挙となったコメディ。なにをやってもダメなヒロインと花嫁介添人たちの身にふりかかるトラブルの数々を描く。脚本と主演を務めるのは、『サタデー・ナイト・ライブ』などで人気のクリステン・ウィグ。
引用元: ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン | Movie Walker.

bridesmaid
【名】
花嫁介添人[付添人]
カナブライズメイド、変化《複》bridesmaids、分節brides・maid
>My fiancee’s younger sister. Actually, I wanted to request you as my maid of honor, but she said she wanted to do it, so I couldn’t refuse. If it’s all right with you, can you be my bridesmaid?
私の婚約者の妹よ。本当はメイド・オブ・オーナー[花嫁の主介添人]はあなたにお願いしたかったんだけど、彼女がやりたいって言ったから、断れなくて…もし良かったら、ブライズメイド[介添人]になってくれる?
引用元: bridesmaidの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク.