「横浜ランドマークタワー」『ゴジラ対モスラ』の舞台 「国会議事堂」『ゴジラ』(第1作)が破壊 モスラが繭をはった 「森岩雄」『ゴジラ』のプロデューサー「川喜多かしこ」の後援者

090btykADraqt
091xQQnpClojd
映画『ゴジラVSモスラ』の
決戦場となった場所はどこ?
(画像選択肢)
1横浜ランドマークタワー(答)
2東京都庁舎
3NTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)
4六本木ヒルズ

CIMG8588obcMgzoOsRmc
キングコングがよじ登った
モスラが繭をはった
ゴジラが第1作で破壊
『20世紀少年』で破壊された
(画像選択肢)
フジテレビ本社ビル
SHIBUYA109ビル
東京タワー
国会議事堂(答)

CIMG5284
次の建造物と、それが破壊された
『ゴジラ』シリーズの作品名の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A大阪城───ゴジラの逆襲
B名古屋城───モスラ対ゴジラ
C松本城───三大怪獣 地球最大の決戦
引用元: 城の築城順「姫路城」「会津若松城」「小田原城」「犬山城」「松本城」「丸岡城」「大阪城」「和歌山城」「広島城」「熊本城」「名古屋城」『姫の青犬まん丸尾は引くな』 「平山城」姫路城「平城」二条城「山城」竹田城 「梯郭式」会津若松城「螺旋式」姫路城 『三大怪獣 地球最大の決戦』松本城『ゴジラの逆襲』大阪城『モスラ対ゴジラ』名古屋城 | わかればいいのに I wish I knew.

IMG_1072tjkstKHboVhC
次の東宝の怪獣映画を
公開されたのが古い順に
選びなさい
『ゴジラの逆襲」
『モスラ対ゴジラ』
『三大怪獣地球最大の決戦』
『怪獣大戦争』
『ゴジラの息子』
『怪獣総進撃』
『ゴジラ対へドラ』
『ゴジラ対メガロ』

CIMG4363
日本の映画界にプロデューサー
システムを導入した人物としても
知られる、『ゴジラ』などを
手がけた映画プロデューサーは?
森岩雄
岡川茂
平田亨
森岩雄(答)


晩年は「日本映画界のドン」とも呼ばれた、『網走番外地』シリーズなどで知られる東映の映画プロデューサーは?
岡田茂

スロット
1982年9月の取締役会で三越の社長を解任された人物でその時に発した「なぜだ!」という言葉は流行語になったのは?
岡田茂

CIMG0972dGzTfyNbqMoG (1)
東宝東和の社長である夫・長政と
共にヨーロッパ映画の輸入や紹介
に尽力し「日本映画の母」と
呼ばれた女性は川喜田◯◯◯?
さゆな
まおこ
ようり
かしこ(答)
川喜田かしこ

『ゴジラvsモスラ』(ゴジラたいモスラ、または、ゴジラ ブイエス モスラ)は1992年に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第19作である。1992年(平成4年)12月12日公開。キャッチコピーは「極彩色の大決戦」。
観客動員数は平成ゴジラシリーズ中最多の420万人、配給収入は22億2千万円を記録。インフレ率を換算しない場合、全シリーズ中最高額の収入であり、正月興行の邦画としては1973年(昭和48年)末公開の『日本沈没』が保持していた配収記録を19年ぶりに更新した。
>ゴジラVSシリーズ第3弾。
登場する怪獣は、ゴジラ、モスラ(幼虫、成虫)、バトラ(幼虫、成虫)。
主要襲撃地点は、名古屋市市街地、丹沢山地、横浜みなとみらい21。公開当時の開業直前の横浜ランドマークタワーが破壊されるシーンがあった。
引用元: ゴジラvsモスラ – Wikipedia.

森 岩雄(もり いわお、1899年2月27日 – 1979年5月14日)は、日本の映画プロデューサー、脚本家、映画評論家。
>予算と人的資源の管理を一元化するプロデューサー・システムを日本の映画界に本格的に導入した人物とされる。プロデューサーの藤本真澄、森田信義、滝村和男、田中友幸の他にも、映画脚本家の八木保太郎、映画評論家の岩崎昶も門下生に連なる。初期の『キネマ旬報』に貢献する一方で、映画文化振興では「川喜多かしこ」の後援者としても知られる。
>PCL時代にハリウッド視察を行い、映画手法としての特殊撮影の重要性を認め、東宝発足後に円谷英二をたっての招きで迎え入れたのは森である。1954年の「G計画(ゴジラ)」が会議にかけられた際も、満場の反対に抗してただ1人この企画を支持し、前代未聞のこの企画を実現せしめた。日本特撮史のまぎれもない功労者の1人である。
引用元: 森岩雄 – Wikipedia.

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
川喜多かしこ かわきた-かしこ

1908-1993 昭和時代の映画事業家。
明治41年3月21日生まれ。昭和4年東和商事(現東宝東和)にはいり,のち同社社長川喜多長政と結婚。夫とともにヨーロッパ映画の輸入,紹介につとめる。戦後,副社長をへて社長。この間国立フィルムセンター設立に尽力。57年川喜多記念映画文化財団理事長。平成5年7月27日死去。85歳。大阪出身。横浜フェリス女学院卒。
引用元: 川喜多かしこ(かわきた かしこ)とは – コトバンク.

岡田 茂(おかだ しげる、1924年3月2日 – 2011年5月9日[1])は、日本の映画プロデューサー。東映・東急レクリエーション社長、東映会長、同名誉会長、同相談役を経て2006年7月から再び東映名誉会長。また、2008年4月より東京急行電鉄取締役を務めた。
東映”中興の祖”で[2][3][4]、松竹の城戸四郎、東宝の森岩雄が一線を退いてからは「日本映画界のドン」であり[5][6][7][8][9]、戦後の日本の娯楽産業を創った一人である[10][11][12][13]。広島県賀茂郡西条町(現東広島市西条)出身[14]。
長男は、映画『赤頭巾ちゃん気をつけて』や『実録三億円事件 時効成立』などで知られる元俳優で現東映会長の岡田裕介[15]。長女は、生命倫理学者でコメンテーターの高木美也子[16]。
引用元: 岡田茂 (東映) – Wikipedia.

岡田 茂(おかだ しげる、1914年8月3日 – 1995年7月20日)は、日本の実業家である。老舗百貨店・三越を率いて10年に渡り社長に君臨し「流通界の革命児」と呼ばれ一転、1982年(昭和57年)の「三越事件」で解任され、後に特別背任で有罪へと、明暗二様を生きた。
>強引な経営手法は1982年(昭和57年)6月には優越的地位の濫用で公正取引委員会から審決を受ける。そして同年8月の「古代ペルシャ秘宝展」で偽物騒ぎが発生、さらに「三越の女帝」と呼ばれた愛人の竹久みちへの不当な利益供与も明るみに出た。こうした中、水面下では三井銀行の小山五郎相談役などの三井グループの幹部や三越の反岡田派を中心とした「岡田おろし」の準備が進められていた。
同年9月22日には取締役会が行われたが、その途中で岡田は腹心の専務、杉田忠義に議長を交代した。そこで杉田は秘密裏に計画していた岡田解任決議案を発議、16対0で可決成立し、その場で岡田は非常勤取締役に降格となった。このとき岡田が発したとされる言葉「なぜだ!」はこの年の流行語となる。
引用元: 岡田茂 (三越) – Wikipedia.