「新出去定」にいできょじょう 山本周五郎『赤ひげ診療譚』主人公 「小川 笙船」モデル 山本周五郎賞「宮部みゆき」「京極夏彦」「帚木蓬生(ははきぎほうせい)」

016HGnxnVRqIn
山本周五郎の小説
『赤ひげ診療譚』の主人公
新出去定
にいできょじょう(答)

「去住心無定」から去定?

206NRmVRQTAhH
山本周五郎の代表作は
小説『◯ノ木は残った』?
もみ
引用元: 『樅(もみ)ノ木は残った』 楡(にれ) | わかればいいのに I wish I knew.

CIMG4981
次のうち
山本周五郎賞を受賞した
作家を全て選びなさい
瀬名秀明
大沢在昌
宮部みゆき(答)『火車』
京極夏彦(答)『覗き小平次』
帚木蓬生(答)ははきぎほうせい『閉鎖病棟』

『赤ひげ診療譚』(あかひげしんりょうたん)は、山本周五郎の時代小説。1958年(昭和33年)に『オール讀物』3月~12月号に連載。8つの連作短編小説。現在は新潮文庫版が出版されている。
>新出去定(にいで きょじょう)
主人公。通称「赤ひげ」。小石川養生所の責任者である壮年の医師。口数少なく無骨だが、厳しい現実から決して目を逸らすことなく、徒労と知りつつも貧しく不幸な人々の救済を願い、医師として最善を尽くす人物。
>保本登(やすもと のぼる)
もう一人の主人公。長崎で医学を学び江戸へ戻ってきたばかりの青年医師。長崎への留学中に許嫁の天野ちぐさに裏切られ、娘の不貞を恥じた天野源伯の手回しにより、小石川養生所で働くことになる。生真面目なエリートで、当初は養生所で働くことを不本意として新出に反発していたが、彼と共に様々な患者と接することで、医師としてやるべきことを見出していく。
引用元: 赤ひげ診療譚 – Wikipedia.

小川 笙船(おがわ しょうせん、寛文12年(1672年) – 宝暦10年6月14日(1760年7月26日))は、江戸時代の町医者で漢方医。「赤ひげ先生」の愛称で知られる。諱は弘治。小川祐忠の子孫。
引用元: 小川笙船 – Wikipedia.

新出 智明(あらいで ともあき)
帝丹高校の校医。面倒見が良く教師や生徒からも信頼を受けるイケメン。コナンに協力的な場面も。

【由来】
山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』の登場人物「新出去定」と、
明智小五郎の「明智」をひっくり返したものから。
引用元: 新出 智明(あらいで ともあき) : 【コナン】キャラの名前が面白い!【由来】 – NAVER まとめ.

①去住心無定
②行藏亦末寧
③一輸清皎潔
④却被黒雲瞑
>あまり良い御籤ではありませんが、本来の清らかな心で物事に取り組めば、道が開けるだろうという解説が、ありました。
①去住、心に定める無し
②行藏、亦た末だ寧(やす)からず
③一輸、清くして皎潔(こうけつ)なり
④却て黒雲に瞑(くらま)さるる
皎潔:白く清らかで汚れのないさま

①去住の二字は、 去ると住すると読む 。この句は、 往こうか、留まろうか、心が決められないという意味だ。
引用元: おみくじの解読をお願いします今年おみくじを引いたのです… – Yahoo!知恵袋.

山本周五郎賞 過去の受賞作品
過去の受賞作品|山本周五郎賞|新潮社.