アラン・ドロン出演作『お嬢さん、お手やわらかに!』 『太陽がいっぱい』 『山猫』 『冒険者たち』 『ボルサリーノ』 『暗殺者のメロディ』 『友よ静かに死ね』 『エアポート’80』

502jYSMEkkhOp
次のアラン・ドロンが出演した
映画を公開されたのが早い順に
選びなさい
『お嬢さん、お手やわらかに!』
『太陽がいっぱい』
『山猫』
『冒険者たち』
『ボルサリーノ』
『暗殺者のメロディ』
『友よ静かに死ね』
『エアポート’80』

アラン・ドロン(Alain Delon、1935年11月8日 – )はフランスの映画俳優。1960年代から1980年代初めにかけ美男の代名詞的存在だった。身長184センチメートル。
>日本での人気は絶大で、美男子の代名詞ともなった。また、女性のみならず、前述の『太陽がいっぱい』『さらば友よ』そして『冒険者たち』『サムライ』『地下室のメロディー』などで幅広い層のファンを獲得した。彼のファッションや映画のセリフ、立ち居振舞い、サングラス、煙草の吸い方などに憧れたり、真似をする男性達が続出した。
>主な作品
『太陽がいっぱい』(1960年)
『生きる歓び』(1961年)
『地下室のメロディー』(1963年)
『黒いチューリップ』(1963年)
『さらば友よ』(1968年)
『レッド・サン』(1971年)
『ビッグ・ガン』(1973年)
『百一夜』(1994年)
引用元: アラン・ドロン – Wikipedia.

仏パリ近郊の町ソーに生まれる。里親に育てられ寄宿学校を転々とする子ども時代を送り、17歳で仏空軍に入隊。除隊後、様々な職を経て、57年の「女が事件にからむ時」でスクリーンデビューする。「恋ひとすじに」(58)で初主演を務め、ルネ・クレマン監督の「太陽がいっぱい」(60)で一躍世界的なスターになる。以降、ルキノ・ビスコンティ監督の「若者のすべて」(60)や「山猫」(63)、クレマン監督の「生きる歓び」(61)、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「太陽はひとりぼっち」(62)で次々と主演を務め、「地下室のメロディー」(63)では仏スター俳優ジャン・ギャバンと共演。66年の「テキサス」でハリウッドデビューしたが、まもなくフランスに戻り、名作「サムライ」(67)に出演する。69年にはボディガードが射殺され、殺人容疑をかけられる大スキャンダルが発生したが、後に容疑は晴れた。その後も「パリの灯は遠く」(76)などがヒットし、初監督作「危険なささやき」(81)では製作・主演も兼ねた。「真夜中のミラージュ」(84・日本劇場未公開)ではセザール賞主演男優賞を受賞。
引用元: アラン・ドロン – 映画.com.