げいこ・げいぎ「芸妓」 「箱屋」三味線を運ぶ 三味線の天神「上駒」「サワリ」「福林」「乳袋」

180SaHifVnClo
京都・祇園が特に有名な、三味線
や踊りで客をもてなす女性
芸妓
げいぎ(答)
げいこ(答)

CIMG5964
芸者のお供をしていた
「箱屋」と呼ばれる人たちが
箱に入れて運んだものは何?
ひらがなで答えなさい
しゃみせん(答)
三味線

CIMG7981QOvhChToZsfZ
三味線の部分
上駒   かみごま
福林   ふくりん
サワリ

乳袋   ちぶくろ

天神(答)

shamisen_namae
引用元: 三味線のある生活/三味線の基礎知識.


歌舞伎や日本舞踊で、踊り手のことを「〇〇」という?
→たちかた 立方

ですが、三味線、唄、鳴り物などの演奏を担当する人を「〇〇」という?
→じかた 地方

タイピング
ダンスを披露する際に踊り手が最初からステージにいることを「○付き」という?
→いた 板

ですが、音楽がかかってからステージに入っていくことを「○付き」という?
→おと 音

芸妓(げいぎ)とは、舞踊や音曲・鳴物で宴席に興を添え、客をもてなす女性。芸者・芸子のこと。酒席に侍って各種の芸を披露し、座の取持ちを行う女子のことであり、太夫遊びが下火となった江戸時代中期ごろから盛んになった職業の一つである。
江戸時代には男芸者と女芸者とがあった。江戸時代には京都や大坂で芸者といえば男性である幇間(太鼓持ち)を指し、芸子が女性であったが、明治になると芸者が男性を指すことはなくなり、以降は大阪でも女性を芸者というようになった。京都では芸妓(げいこ)とよばれる。現代では料理屋(料亭)、待合茶屋に出入りする芸者が売春を行うことはない。地方の温泉地等ではコンパニオンと呼ばれる派遣の芸妓などが存在し、また俗に枕芸者と呼ばれるものも一部に残っている。
>芸妓は、「芸者(女芸者)」、「芸子(げいこ)」と呼ぶのが古い言いかたであるが、明治以降、「芸妓(げいぎ)」という呼名も行われるようになった(本稿ではこの呼名を用いる)。
芸妓は多くの場合、一人前の芸妓と見習とに区別されており、それぞれの名称が地域によって異なる。
京都
お茶や団子を提供する水茶屋で働く茶立女(ちゃたておんな)が歌舞伎芝居を真似て三味線や踊りを披露するようになったもの。
芸妓を「芸妓(げいこ)」、見習を「舞妓(まいこ)」と呼ぶ。
引用元: 芸妓 – Wikipedia.