ミュンヘン一揆、国会議事堂放火、水晶の夜


346qAxiDJi
次のヒトラーとナチス政権に
関する出来事を
早く起こった順に
選びなさい
ミュンヘン一揆
ヒトラー『わが闘争』を執筆
国会議事堂放火事件
全権委任法を制定
長いナイフの夜
ヒトラーが総統に就任
ニュルンベルク法を制定
水晶の夜事件
31%

CIMG6691
1938年11月9~10日に行われた
ナチスによるユダヤ人の
迫害事件を何という?
ハクタスリナルト
クリスタルナハト(答)

146bPMNsmmowC
1938年以降、外相として
ナチスの外交を担当
リッベントロップ
Joachim von Ribbentrop

CIMG2232RsjauhVIKLFs
第二次世界大戦中にフランスの
リヨンで4千人以上を虐殺し
「リヨンの虐殺者」と呼ばれた
ナチスのゲシュタポ隊長は?
バス・クウビーラル
クラウス・バルビー(答)

CIMG1858mtHejTGrEcIb
CIMG1859cNWoDdNWRecR
日本語では「総統」と呼ばれる
独裁者の称号を、ドイツ語では
「フューラー」といいますが

イタリア語では「◯◯◯◯◯」
という? ◯を答えなさい
ドゥーチェ(答)
Duce

CIMG3233
トム・クルーズ主演の
映画『ワルキューレ』は
北欧神話を元にした
ファンタジー映画である
×(答)
「ヒトラー暗殺計画」を題材

ミュンヘン一揆(ミュンヘンいっき、ドイツ語: München Putsch)は、1923年11月8日から9日に、ドイツのミュンヘンでエーリヒ・ルーデンドルフ、アドルフ・ヒトラーらナチス党員が参加したドイツ闘争連盟が起こしたクーデター未遂事件。半日あまりで鎮圧され、ヒトラーら首謀者は逮捕された。
引用元:ミュンヘン一揆 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%B3%E4%B8%80%E6%8F%86

 クーデター失敗後、ナチスはドイツでの活動を禁止され、翌24年2~3月、ミュンヘンで裁判が開かれた。4月1日に判決が下され、ヒトラーは5年の禁固刑に処せられたが、実際には12月20日までミュンヘン西方のランツベルク要塞で、面会も文通も、同志との会合、会食も自由という形だけのものであった。この間、ヒトラーは『わが闘争』の第一部を口述筆記し、ナチズム運動を方向付ける時期とした。ヒトラーはこの失敗から学び、偶然に左右される一揆という手段ではなく、選挙という正当な手続きで議会に多数を占め、権力を握るという路線に転換し、そのためには宣伝と行動によって大衆の心をつかむことをめざすようになった。
引用元:ミュンヘン一揆 http://www.y-history.net/appendix/wh1504-070_1.html

『我が闘争』(わがとうそう、ドイツ語: Mein Kampf)は、ナチ党指導者のアドルフ・ヒトラーの著作である。第1巻は1925年、第2巻は1926年に出版された[1]。ヒトラーの自伝的要素と政治的世界観 (ドイツ語: Weltanschauung) の表明などから構成されている。
>ヒトラーは1923年11月のミュンヘン一揆の失敗後、獄中で当書の執筆を開始した。当初は多数の面会者と会っていたが、すぐに執筆に没頭した。執筆中に本を2巻にすることとし、1巻は1925年当初の発行を予定した。ランツベルク刑務所の管理者は「彼(ヒトラー)はこの本が多くの版を重ねて、彼の財政的債務や法廷費用支払の助けとなる事を望んだ」と記した。
ヒトラーは1924年、ランツベルク刑務所で収監されていたエミール・モーリスに、のちにルドルフ・ヘスに対し口述した。ヘスに加えて数人が同書を編集したが、雑な著述と反復が多く読解するのが困難であったとされる。
引用元:我が闘争 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%91%E3%81%8C%E9%97%98%E4%BA%89

ドイツ国会議事堂放火事件(ドイツこっかいぎじどうほうかじけん、ドイツ語: Reichstagsbrand)とは、1933年2月27日の夜にドイツの国会議事堂が炎上した事件を指す。なお、「国会議事堂放火事件」と表記されることもある[1]。
引用元:ドイツ国会議事堂放火事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E4%BA%8B%E5%A0%82%E6%94%BE%E7%81%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

国会議事堂放火事件
こっかいぎじどうほうかじけん
Reichstagsbrand

1933年2月 27日夜,ドイツの国会議事堂が放火のため炎上した事件。同年1月 30日,A.ヒトラーは首相に任命されると2月1日国会を解散し,ナチス党の優位を築こうとした。国会議事堂炎上後の2月 28日ヒトラーは緊急令によって憲法の基本的人権を停止し,共産党を事実上非合法化するとともに社会民主党の選挙活動を弾圧,3月5日の総選挙で 288議席 (全議席 647) を得た。
引用元:国会議事堂放火事件(こっかいぎじどうほうかじけん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E4%BA%8B%E5%A0%82%E6%94%BE%E7%81%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6-65185

全権委任法(ぜんけんいにんほう)は、ドイツ国において1933年3月23日に制定された法律。アドルフ・ヒトラー首相が率いる政府に、ヴァイマル憲法に拘束されない無制限の立法権を授権した[1]。
この法律によって、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)がすでに手中にしていた権力[2]には一応の合法性が与えられることとなり[3]、ヴァイマル共和政は名実ともに崩壊、新たな「憲法体制」(Verfassung)が建築された[4]。同法の成立をナチ党機関紙『フェルキッシャー・ベオバハター』は「第三ライヒ(第三帝国)」のはじまりであると宣言している[5]。
引用元:全権委任法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%A8%A9%E5%A7%94%E4%BB%BB%E6%B3%95

議会テロで成立
(引用)全権委任法は、自由主義的な立憲主義の諸原理からの、また国家の立法権を制限する規範や慣習の体系からの、最も激しい背離を代表していた。‥‥その法律は、441対94の賛成投票によって成立したこと、したがって、必要得票数、すなわち出席議員の五分の二以上の票(ワイマール憲法第七六条)を獲得したことは、事実てある。だが、議会テロは、脅迫的ふんいきの中て開かれたのである。81名の共産党代議士と多数の社会民主党の代議士は、すでに正当な理由もなく、逮捕されていたのて、出席していなかった(出席していた社会民主党代議士は、この法案に反対投票した。)もしも、中央党が屈服せず、この法案に支持を与えていなかったら、テロ支配の手綱は、おそらく、解かれていたにちがいない。」<ノイマン『ビヒモス』P.50-51 みすず書房>
引用元:全権委任法 http://www.y-history.net/appendix/wh1504-079.html

長いナイフの夜事件(ながいナイフのよるじけん、ドイツ語: Nacht der langen Messer De-Nacht der langen Messer.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])とは、1934年6月30日から7月2日にかけて、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)が行った突撃隊(SA)などに対する粛清事件である。
粛清は正式な法的措置を執らずに行われ、エルンスト・レームらSA幹部、かつてナチス左派の領袖だったグレゴール・シュトラッサー、元首相で名誉階級陸軍大将のクルト・フォン・シュライヒャーなど党内外の人々多数が裁判を経ずに殺害された。当局の公式発表によると77人が死亡したことになっているが、116名の死亡者の氏名が明らかになっている。亡命ドイツ人の発表では千人以上という数値も主張されている。事件名は、5世紀ウェールズでのザクセン人傭兵による、ブリテン人への宴席での騙し討ち(隠し持った長ナイフによる殺害)(en:Treachery of the Long Knives)にちなむ。
引用元:長いナイフの夜 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E3%81%84%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95%E3%81%AE%E5%A4%9C

ナチ党での指導者(党首)の意味であったが、1934年、ヒンデンブルク大統領の死によってヒトラーが首相と大統領職を兼ねドイツ帝国元首の地位についてその称号となり、ドイツは総統国家といわれる国家体制となった。

 1934年8月、アドルフ=ヒトラーが就任したドイツ帝国最高の地位で、大統領権限と首相権限を併せた強大な権力を持つ。ドイツ語でフューラー(またはヒューラー)。もともとは1921年7月、ナチ党の党第一委員長となったヒトラーの党内における指導力が高まったころ、党内の「指導者」の意味でヒトラーをフューラーと呼んでいた。その訳語に一般的には「総統」を充てている。
引用元:総統/フューラー http://www.y-history.net/appendix/wh1504-081_1.html

ニュルンベルク法(ニュルンベルクほう、独:Nürnberger Gesetze)は、1935年9月15日に国家社会主義ドイツ労働者党(以下ナチ党)政権下のドイツにおいて制定された2つの法律「ドイツ人の血と名誉を守るための法律」(Gesetz zum Schutze des deutschen Blutes und der deutschen Ehre)と「帝国市民法」(de:Reichsbürgergesetz)の総称である[1][2][3][4]。ユダヤ人から公民権を奪い取った法律として悪名高い[2][4]。
なお、これらの法律が「ニュルンベルク法」と総称されたのは、制定当時ニュルンベルクでナチ党党大会が開かれており、特例でそこに国会が召集されて制定された法律であったことによる[1][2]。
引用元:ニュルンベルク法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF%E6%B3%95

水晶の夜
すいしょうのよる

クリスタル・ナハトともいう。 1938年 11月9日,ドイツ全土でナチスが突撃隊などを使ってユダヤ人商店,家屋とシナゴーグを破壊した事件。砕けたガラスの破片を水晶にたとえてこの名がついた。
引用元:水晶の夜(すいしょうのよる)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%B0%B4%E6%99%B6%E3%81%AE%E5%A4%9C-169475

ウルリヒ・フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヨアヒム・フォン・リッベントロップ(ドイツ語: Ulrich Friedrich Wilhelm Joachim von Ribbentrop、1893年4月30日 – 1946年10月16日)は、ドイツの実業家、政治家。
コンスタンティン・フォン・ノイラートの後任として、ヒトラー内閣の外務大臣を1938年から1945年にかけて務めた。最終階級は親衛隊名誉大将。ニュルンベルク裁判により絞首刑に処せられた。武装親衛隊に志願、大戦を生き延びた親衛隊大尉ルドルフ・フォン・リッベントロップは長男。
>リッベントロップは1930年に初めてアドルフ・ヒトラーに会った。貴族である上に外交官の経験もあり、他国の高い地位の人々との伝手を多く持つことから、ヒトラーはリッベントロップに好印象を持った。1932年5月にリッベントロップはナチ党に入党し、1933年、ヒトラーが首相に指名されるまでの一連のフォン・パーペンとヒトラーとの秘密会談をベルリンの自宅で設定するなどの支援活動を行った。
>リッベントロップの経歴の中でも重要な外交案件は、1939年8月23日の独ソ不可侵条約調印と、それに前後するポーランド侵攻時の外交攻勢であり、リッベントロップはここで中心的な役割を演じた。彼はヒトラーに対し、ポーランドの防衛を名目にイギリスが参戦することはないと力説していた。
引用元: ヨアヒム・フォン・リッベントロップ – Wikipedia.

リッベントロップ【Joachim von Ribbentrop】

1893‐1946
ドイツの政治家。1938年2月からナチス〈第三帝国〉の崩壊までの外相。シャンパンの代理商として豊富な外国体験と語学力を持っていたが,1932年のナチス入党後ヒトラーの忠実な側近として急速に昇進,〈第三帝国〉成立後は外務省の外に作られた〈リッベントロップ機関〉を通じて英独海軍協定(1935),日独防共協定(1936)の実現に奔走,外相就任後も独ソ不可侵条約(1939),日独伊三国同盟(1940)の成立に関係した。
引用元: リッベントロップ(リッベントロップ)とは – コトバンク.

第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンス。ヒトラーの独裁政権に屈する者と世界を変えようとする者、そして両者の裏で陰謀をたくらむ者が、戦争の混乱の中で繰り広げる駆け引きを描く。監督は『ユージュアル・サスペクツ』『スーパーマン リターンズ』などのヒットを飛ばすブライアン・シンガー。ケネス・ブラナーやテレンス・スタンプなどの演技派キャストが脇を固め、最後まで緊張の糸が途切れないドラマを展開させる。
引用元: 映画『ワルキューレ』 – シネマトゥデイ.