「スー・チー」(舒 淇)台湾の女優『百年恋歌』『ゴージャス』

067BhPWCnzbPH
台湾の女優
『百年恋歌』
『ゴージャス』
『トランスポーター』
ブリジット・リン
フェイ・ウォン
スー・チー(答)
リン・チーリン

スー・チー(舒 淇、ピン音:Shū Qí、本名:林立慧、1976年4月16日-)は、台湾台北市出身の女優。
>日本では、ジャッキー・チェン主演の『ゴージャス』(1999年)に出演したことにより、広く名を知られるようになる。また、日本コカ・コーラの烏龍茶「煌」のCMにも出演した。
その後、『トランスポーター』(2002年)で海外映画にも進出。近年では台湾の巨匠ホウ・シャオシェン(侯孝賢)作品の常連となり、カンヌ国際映画祭にも毎年登場、台湾・香港映画界を代表する国際派女優のひとりとなっている。『百年恋歌』(2005年)で第42回金馬奨最優秀主演女優賞を受賞。2009年の第62回カンヌ国際映画祭では審査員を務めた。
引用元: スー・チー – Wikipedia.

実業家と天真爛漫な台湾娘の恋を描くラブ・ロマンス。主演・製作・アクション指導は「Who Am I?」のジャッキー・チェン。監督は「008・皇帝ミッション」のヴィンセント・コック。原案は「アンナ・マデリーナ」のアイヴォ・ホーで、脚本もコックと共同で担当。撮影はチョン・マンポー。音楽はデニー・ウォン。共演は「夢翔ける人色情男女」のスー・チー、「ブエノスアイレス」のトニー・レオン、「ファイナル・プロジェクト」のエミール・チョウほか。チャウ・シンチー、ロー・ガーインらが特別出演。
引用元: ゴージャス | Movie Walker.

台湾の“巨匠”ホウ・シャオシェン監督の最新作は、1966年、1911年、そして2005年へとタイムスリップをくり返しながら、それぞれのエピソードで主人公を演じるスー・チーとチャン・チェンの間で生起する恋愛を描く意欲的な3部構成の映画。60歳を迎えようというのに、今なお方法論の進化を模索するばかりか、未成熟であるがゆえに不器用かつ情熱的な若い男女の心情を鋭く射ぬく視点の確かさも健在で、本当に驚かされてしまう。
引用元: 百年恋歌 : 映画評論・批評 – 映画.com.

ブリジット・リン(林 青霞、Brigitte Lin、Lín Qīngxiá, 1954年11月3日 – )は、台湾出身の女優。
>また、『ドラゴン・イン』(1992年)、『スウォーズマン/女神伝説の章』(1992年)、『楽園の瑕』(1994年)などでも男装のハマリ役を演じており、特に『スウォーズマン/女神伝説の章』での東方不敗役は彼女の代表作であり、“男装の麗人”を演じさせれば右に出るものがないと言われる。以後は、『キラーウルフ 白髪魔女伝』(1993年)など武侠映画への出演が急増。
1994年には、『恋する惑星』『楽園の瑕』など、ウォン・カーウァイ監督の映画にも出演したが、その後は結婚を機に実質的に引退状態となっている
引用元: ブリジット・リン – Wikipedia.

王 菲(フェイ・ウォン、1969年8月8日 – )は、中国出身の歌手、俳優。
>主な活動拠点は香港で、ギネスブックにも「広東語のアルバム累計売り上げ」で世界一と認定されている。 中国語圏のみならずアジア圏を代表する歌手の一人ともいわれ、愛與痛的邊緣など大ヒット曲にも恵まれ、香港では第二のテレサ・テンとも呼ばれる。
日本ではプレイステーション用ゲームソフト『ファイナルファンタジーVIII』の主題歌「Eyes On Me」や、関西方面でJ-PHONE(現ソフトバンクモバイル)のキャラクターを務めた事、フジテレビ系のテレビドラマ『ウソコイ』に主演し主題歌「Separate Ways」を歌ったことでも知られる。特に「Eyes On Me」は50万枚の売り上げを記録し、オリコン総合シングルチャート最高位9位(洋楽チャートでは19週連続1位)を記録。第14回日本ゴールドディスク大賞では洋楽部門のソング・オブ・ザ・イヤーを、第41回日本レコード大賞ではアジア音楽賞を受賞した。また1999年3月には、日本国外を拠点としている中国人アーティストとしては初めて日本武道館でコンサートを行った(大陸中国人以外としては、当時イギリス統治下香港出身のアグネス・チャンが1978年に行っているのが初)。
引用元: 王菲 – Wikipedia.

林 志玲(リン・チーリン、1974年11月29日 – )[1]は、台湾のモデル兼女優[2]。174センチメートル[3]・52キログラム[4]・86-61-91[5]。O型[6]。日本ではエイベックス・マネジメントと所属契約[7]。“台湾一有名なモデル”[8]と言われ、その動向や言動は常に台湾メディアの注目の的とされてきた。
2009年には中台合作映画『刺陵』でジェイ・チョウと共演[28]。以後、スン・ホンレイやリー・リーチュンらとの共演による『決戦刹馬鎮』(2010年)[29]、チェン・クンとの共演による『幸福額度』(2011年)[30]、アンディ・ラウとの共演による『富春山居図』(2012年)[31]、と、各種中国映画や香港映画への出演を重ねていった。
>日本のテレビドラマ『101回目のプロポーズ』(1991年)が『101次求婚』として中国で映画化されるに至った2012年には、これへの主演が決定、かつての原作版にて浅野温子の演じたヒロイン役を担うこととなった[32]。
引用元: 林志玲 – Wikipedia.