エリック・クラプトン在籍順「ヤードバーズ」「クリーム」「ブラインド・フェイス」「デレク&ザ・ドミノス」 愛称「スローハンド」 ゴロ「ヤクはブラックです」

096pgovVRZ
次のバンドを
エリック・クラプトンが
在籍した順に選びなさい
ヤードバーズ
クリーム
ブラインド・フェイス
デレク&ザ・ドミノス

いいゴロ思いつきませんが、「ヤクはブラックです」でどうでしょう?



エリック・クラプトンが1966年
から1969年まで在籍しました
(画像出題)
クリーム(答)
79%

CIMG0754BgtqvkNfTYJL
次のうち、ギタリストの
エリック・クラプトンが
在籍したことがあるバンドを
全て選びなさい
レインボー
デレク・アンド・ドミノス(答)
アルカトラス
クリーム(答)
ブラインド・フェイス(答)
エイジア
ヤードバーズ(答)

070xgfMJFzctq
イギリス出身のギタリスト
エリック・クラプトンの
愛称は「◯◯◯・ハンド」?
◯を答えなさい
スロー(答)
「スローハンド」

1945年イギリス、サーレー州リプリー生まれ。幼い頃から独学でギターを身につけ、63年にヤードバーズに加入。66年にジャック・ブルース(b)、ジンジャー・ベイカー(dr)とクリームを結成。69年にはスティーヴ・ウィンウッドらとブラインド・フェイスを結成。70年に初のソロ・アルバム制作をはさみ、続いてデレク&ザ・ドミノスを結成し、歴史的名盤『レイラ』を世に送り出した。74年、アルバム『461 オーシャン・ブールヴァード』を発表。当時はまだほとんど知られていなかったボブ・マーリィの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」をカバーして全米1位に送り込んだ。77年、「ワンダフル・トゥナイト」収録の『スローハンド』を発表。
Eric Clapton / エリック・クラプトン プロフィール|ワーナーミュージック・ジャパン

エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 – )は、イギリスのミュージシャン、ギタリスト。
>1960年代からヤードバーズ、クリームなどのバンドでギタリストとして活動。その演奏について、エリック・クラプトンは神だとロンドン市内に落書きされた。「スローハンド[1]」というニックネームで知られる[2]。
『ローリング・ストーン』誌の2003年8月号のカバーストーリー「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第4位。2011年の改訂版では第2位[3]。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第55位。身長177cm。
>エヴァンゲリオンのキャラクターデザイナー貞本義行のファンであり、自身のアルバムジャケットを制作依頼している。
引用元: エリック・クラプトン – Wikipedia.

Yardbirds’ rhythm guitarist, Chris Dreja, recalled that whenever Clapton broke a guitar string during a concert, he would stay on stage and replace it. The English audiences would wait out the delay by doing what is called a “slow handclap”. Clapton told his official biographer, Ray Coleman, that, “My nickname of ‘Slowhand’ came from Giorgio Gomelsky. He coined it as a good pun. He kept saying I was a fast player, so he put together the slow handclap phrase into Slowhand as a play on words”.[20]
引用元: Eric Clapton – Wikipedia, the free encyclopedia.

「スローハンド」という形容に関する諸説は色々あるようで、「あまりにも演奏する手が早すぎてスローモーションに見えたから」というものや「究極的に無駄の無い動きから」、他には「ライブ中に弦が切れた為に一旦下がったクラプトンをゆっくりと手拍子をして待っていたファンの姿から」というものもある。
引用元: スローハンドとは (スローハンドとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.