リノ・「ヴァンチュラ」ルイ・マル監督『死刑台のエレベーター』シェリエ警部 アンドレ・バザン「カイエ・デュ・シネマ」ヌーベルバーグを担った映画評論誌

035vkYeRmQboS
映画『死刑台のエレベーター』
『冒険者たち』『影の軍隊』に
出演したイタリアの俳優は
リノ・◯◯◯◯◯◯?
ンァラヴュチ
ヴァンチュラ(答)
「リノ・ヴァンチュラ」
Lino Ventura

CIMG4268yubehDDqbuqj
『死刑台のエレベーター』で
有名なフランスの監督は
ルイ・マルである
○(答)

『死刑台のエレベーター』で
有名なフランスの監督は
ルネ・クレマンである
×(答)


ルイ・マル監督の映画『死刑台のエレベーター』で音楽を担当したジャズ演奏者はマイケル・デイビスである
◯(答)

○×
ルイ・マル監督の映画『死刑台のエレベーター』で音楽を担当したジャズ演奏者はルイ・アームストロングである
×(答)

CIMG1971IpGsEStoXEXh
映画評論家アンドレ・バザンが
創刊した、ヌーベルバーグの映画
作家の活動拠点となった映画評論
誌は「◯◯◯・デュ・シネマ」?
ネエサン
イルロカ
カイエ(答)
『カイエ・デュ・シネマ Les Cahiers du Cinéma』

リノ・ヴァンチュラ(Lino Ventura、1919年7月14日 – 1987年10月22日)は、イタリア・パルマ出身の俳優。フランス映画界で活躍した。
>そのうちにレスリングをはじめ、1950年にはヨーロッパチャンピオンにまでなった。しかし、怪我が元で選手としてのキャリアを断念。そんな時、次回作のためのギャング役を探していたジャック・ベッケルに見出され、1954年にジャン・ギャバン主演の『現金に手を出すな』で映画デビュー。ヴァンチュラに感銘を受けたギャバンは、そのまま演技を続けるように助言したという。フィルム・ノワールやギャング映画に多く出演し、1980年代まで活躍した。
引用元: リノ・ヴァンチュラ – Wikipedia.

『死刑台のエレベーター』(しけいだいのエレベーター、仏:Ascenseur pour l’échafaud、英:Elevator to the Gallows)は、1958年制作のフランス映画。
>ノエル・カレフのサスペンス小説を映画化した、フランスの名匠ルイ・マル監督のデビュー作。 ルイ・マルが、当時25歳という若さで作った本作は、ルイ・デリュック賞を受賞し、サスペンスの金字塔とも称される作品となっている。
マイルス・デイヴィスによる即興演奏、アンリ・ドカエによる斬新な手持ちカメラを生かした撮影、ジャンヌ・モローのクールな美しさ、フランスヌーヴェルヴァーグの代表的作品。
引用元: 死刑台のエレベーター – Wikipedia.

アンドレ・バザン(André Bazin、1918年4月18日 アンジェ – 1958年11月11日 ノジャン=シュル=マルヌ)は、戦後フランスで影響力の非常に大きかった映画批評家である。「ヌーヴェルヴァーグの精神的父親」と称されることもある。
>やがて1951年ジャック・ドニオル=ヴァルクローズとともに、『カイエ・デュ・シネマ Les Cahiers du Cinéma』誌を創刊、その死去まで編集長をつとめる(1951年 – 1958年、初代編集長)。一定の世代の批評家と未来の映画人たちがこぞってこの雑誌に寄稿し、彼らがヌーヴェルヴァーグの一翼を担うこととなる。
引用元: アンドレ・バザン – Wikipedia.