「クストリッツァ」『パパは、出張中』『ジプシーのとき』『黒猫・白猫』 三大映画祭で受賞

222qjeniqxRKs
代表作に『パパは、出張中!』
があるボスニアの映画監督
クストリッツァ
Kusturica

257SsQxSGKcGK
映画『マッチ工場の少女』の
監督はアキ・◯◯◯◯◯◯?
カウリスマキ
「アキ・カウリスマキ」
Aki Kaurismaki
引用元: アキ・「カウリスマキ」 フィンランドの映画監督『マッチ工場の少女』『過去のない男』『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』 | わかればいいのに I wish I knew.

260kCiOhcqGSW
スペインを代表する映画監督は
ペドロ・◯◯◯◯◯◯?
アルモドバル
「ペドロ・アルモドバル」
Pedro Almodóvar
引用元: アルモドバル スペインの映画監督『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール』 | わかればいいのに I wish I knew.

エミール・クストリッツァ(Emir Kusturica、セルビア語: Емир Кустурица、1954年11月24日 – )は、旧ユーゴスラビアのサラエヴォ(現ボスニア・ヘルツェゴビナ領)出身の映画監督、音楽家、俳優。
クストリッツァ自身はサライェヴォ出身だが、父はセルビア人、母はモスレム人であり、自身はユーゴスラビア人であると称している。
カンヌ国際映画祭の最高賞パルム・ドールを2度受賞しているのをはじめ、世界三大映画祭すべてで受賞している。
>しかし映画学校に入学するや否や彼の才能はすぐに開花し、初めて制作した短編作品 Guernica は映画学校の賞を受賞。卒業後はサラエヴォに戻り、短編のテレビ作品をいくつか制作した後に、初の長編作となる81年『ドリー・ベルを憶えてる?』でヴェネツィア映画祭新人監督賞を受賞。続く85年『パパは、出張中!』ではカンヌ映画祭パルム・ドール、89年『ジプシーのとき』では同じくカンヌの監督賞を受賞。主にジプシーを視点としたユーモアとシリアスが混在した独特の作風で、一躍国内だけでなくヨーロッパを代表する映画監督へと名を押し上げる。
引用元: エミール・クストリッツァ – Wikipedia.

チトー大統領統治下のユーゴスラヴィアがスターリン体制から離れていく時代を背景に、時代の波が押し寄せるサラエボのある一家の物語を少年の目を通して描いた85年度カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。監督はエミール・クストリッツァ。脚本はアブドゥラフ・シドラン、撮影はヴィルコ・フィラチ、音楽はゾラン・シミャノヴィッチが担当。出演はモレノ・デバルトリ、ミキ・マイノロヴィチなど。
引用元: パパは、出張中! | Movie Walker.