『朧月夜』歌詞 「菜の花畠に、…」「見わたす山の端…」「春風そよふく、…」「夕月かかりて、…」

104xBkKtYfsod
次の文字列を順に選んで
唱歌『朧月夜』の
1番の歌詞にしなさい
菜の花畠に、入り日薄れ
見わたす山の端、霞ふかし
春風そよふく、空を見れば
夕月かかりて、におい淡し

『朧月夜』(おぼろづきよ)は童謡、唱歌。文部省唱歌。作詞高野辰之、作曲岡野貞一。
>菜の花畠に、入日薄れ、
見わたす山の端(は)、霞ふかし。
春風そよふく、空を見れば、
夕月かかりて、にほひ淡し。
里わの火影(ほかげ)も、森の色も、
田中の小路をたどる人も、
蛙(かはづ)のなくねも、かねの音も、
さながら霞める 朧月夜。
>1914年(大正3年)『尋常小学唱歌 第六学年用』に初出。検定教科書が用いられるようになった1948年(昭和23年)から小学校6年生の音楽教科書において採用され、平成以降も取り上げられている[1]。
引用元: 朧月夜 (歌曲) – Wikipedia.