「GIAHS」(ジアス)世界農業遺産システムGlobally Important Agricultural Heritage Systems 鬼頭莫宏(もひろ)『僕らの』巨大ロボ「ジ・アース」

124wLoBHkOWgz
国連食糧農業機関が認定する
「世界農業遺産システム」の
アルファベット5字での略称は?
IAHSG
GIAHS(答)「ジアス」Globally Important Agricultural Heritage Systems

文字パネル
2007年放送のTVアニメ「ぼくらの」で、子供たちが命と引き換えに操縦する巨大ロボットの名前は◯◯◯◯?
ジアース

世界重要農業遺産システム(せかいじゅうようのうぎょういさんシステム [注 1]、英語: Globally Important Agricultural Heritage Systems、GIAHS、ジアス[注 2])とは、伝統的な農業と、農業によって育まれ、維持されてきた、土地利用(農地やため池・水利施設などの灌漑)、技術、文化風習、風景、そしてそれを取り巻く生物多様性の保全を目的に、世界的に重要な地域を国連食糧農業機関(FAO)が認定するもの。世界重要農業資産システムとも訳される[注 3] 。通称世界農業遺産[注 4]。
>日本の旗 日本
Noto’s Satoyama and Satoumi (能登の里山里海)
Sado’s satoyama in harmony with Japanese crested ibis (トキと共生する佐渡の里山)
Managing Aso Grasslands for Sustainable Agriculture (阿蘇草原の持続的農業)
Traditional tea-grass integrated system in Shizuoka (静岡の伝統的な茶草場農法)
Kunisaki Peninsula Usa Integrated Forestry, Agriculture and Fisheries System (国東半島・宇佐の農林水産循環システム)
引用元: 世界重要農業遺産システム – Wikipedia.

世界農業遺産(Globally Important Agricultural Heritage Systems(GIAHS):ジアス)は、2002年(平成14年)、食料の安定確保を目指す国際組織「国際連合食糧農業機関」(FAO、本部:イタリア・ローマ)によって開始されたプロジェクトです。
>国際連合教育科学文化機関(UNESCO(ユネスコ))が推進する世界遺産が、遺跡や歴史的建造物、自然など「不動産」を登録し保護することを目的としているのに対して、世界農業遺産は、地域のシステムを認定することで保全につなげていくことを目指しています。
>日本では、「能登の里山里海」(石川県能登半島、2011年6月)、「トキと共生する佐渡の里山」(新潟県佐渡市、2011年6月)、「静岡の茶草場農法」(静岡県、2013年5月)、「阿蘇の草原の維持と持続的農業」(熊本県、2013年5月)、「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」(大分県、2013年5月)が認定されています。
引用元: 世界農業遺産とは|世界農業遺産「能登の里山里海」情報ポータル.