「ミャンマー」インドシナ半島の西 「ラングーン事件」 「マレー半島」タイ・マレーシア・シンガポール

429IWBQepB
281PezSpogDgz
東南アジアの国
ミャンマーはどこ?
(画像出題)
53%
rpSpwTq


旧国名をビルマといった
アジアの国はどこ?

CIMG6523
1983年にビルマで起きた、爆弾
テロによる韓国の全斗煥大統領
暗殺未遂事件を◯◯◯◯◯事件
という? ◯を答えなさい
ラングーン
「ラングーン事件」

CIMG1000TwCCofOOKWad
次のうち、マレー半島に
領土を持つ国を1つ選びなさい
ミャンマー
インドネシア
スリランカ
ブータン
シンガポール(答)
マレーシア(答)
インド
トンガ

CIMG84913gqYHuHxjfOq
CIMG8492K7EFv9mCo1O8
ベルギー、オランダ
ルクセンブルクをまとめて
ベネルクス三国といいますが

ベトナム、ラオス
カンボジアをまとめて
◯◯◯◯◯三国という?
◯を答えなさい
→インドシナ

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく)、通称ミャンマーは、東南アジアに位置する共和制国家。1989年までの名称はビルマ。インドシナ半島西部に位置し、北東に中華人民共和国、東にラオス、南東にタイ、西にバングラデシュ、北西にインドと国境を接する。首都はネピドー(旧首都はヤンゴン)。多民族国家であり[2]ビルマ族(人口の6割)の他、主なものとして、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ヤカイン族、シャン族の少数民族がある。
引用元: ミャンマー – Wikipedia.

ラングーン事件(ラングーンじけん)は、1983年にビルマのラングーン(現ミャンマーのヤンゴン)で発生したテロ事件。「ラングーン爆破テロ事件」、「アウン・サン廟爆破事件」などとも呼ばれる。
>事件は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作員により、ビルマを訪問中であった大韓民国(韓国)の全斗煥大統領一行の暗殺を狙って引き起こされた。韓国では「ボマ事件(버마사건)」とも呼ばれている(「ボマ」はビルマの朝鮮語読み)。
引用元: ラングーン事件 – Wikipedia.

マレー‐はんとう〔‐ハンタウ〕【マレー半島】

インドシナ半島からさらに南に長くのびる半島。北部はタイ・ミャンマー領、南部はマレーシア領で、南にシンガポール島がある。古くから東西交通の要地。ゴムや鉄・錫(すず)を産する。マラッカ半島。マライ半島。
引用元: マレー半島(マレーはんとう)とは – コトバンク.