「OECS」東カリブ諸国機構 Organization of Eastern Caribbean States; OECS アンゴラ「OPEC」最後の加盟国 「CERN」欧州原子核研究機構「JOGMEG」石油天然ガス・金属鉱物資源機構 「クランク機構」往復運動を回転運動に変換「ジェネバ機構」連続回転を断続回転に

045ZvBMrukCxZ
1981年に設立された
東カリブ諸国機構の略称
OECS
Organisation of Eastern Caribbean States

CIMG9021gcxpOpvGFzhL
石油輸出国機構・OPECに
最後に加盟したアフリカの国は
リビアである
→×
○アンゴラ

CIMG0547BIqSeBZasfHE
スイスのジュネーヴ郊外にある
欧州原子核研究機構の略称は?
CERN
セルン

CIMG2438
独立行政法人「石油天然ガス・
金属鉱物資源機構」の略称です
→JOGMEC
Japan Oil, Gas and Metals National Corporation

CIMG0257wdEyfYDxOWyG
この映像から連想される
機構は「◯◯◯◯機構」?
クラムカジ
ンバスェネ
→クランク
クランク機構

東カリブ諸国機構(ひがしカリブしょこくきこう、Organisation of Eastern Caribbean States, OECS)は、1981年に設立された、東カリブ海諸国の経済統合などを目的とした政府間組織である。1983年には米国と共にグレナダに侵攻した。また、ハリケーンなどの天災が発生した場合には、救援を行うことがある。東カリブ・ドルを発行している。OECSの事務局はセントルシアのカストリーズに設置されている。
引用元: 東カリブ諸国機構 – Wikipedia.

東カリブ諸国機構
ひがしカリブしょこくきこう
Organization of Eastern Caribbean States; OECS

1981年7月に設立された東カリブ海諸国の地域協力機構。カリブ共同体 CARICOMの下部的組織で,CARICOM加盟国のうち,バルバドス,トリニダード・トバゴを除く小アンティル諸島の島嶼国で構成されている。
引用元: 東カリブ諸国機構(ひがしカリブしょこくきこう)とは – コトバンク.

その他の加盟国及び加盟年:現時点で7か国

・カタール 1961年
(インドネシア 1962年(2009年1月に一時脱退))
・リビア 1962年
・アラブ首長国連邦(UAE) 1967年(但し当時はアブダビ)
・アルジェリア 1969年
・ナイジェリア 1971年
・エクアドル 1973年(1993年1月に脱退したが、2007年11月に再加盟)
(ガボン 1975年(1973年より準加盟国、但し1995年1月に脱退))
・アンゴラ 2007年
引用元: 石油輸出国機構(OPEC:Organization of the Petroleum Exporting Countries)の概要 | 外務省.

CERN

欧州素粒子物理学研究所。1954年にヨーロッパの12カ国が出資して設立された研究所。WWWの仕組みを開発したことで知られる。CERNという略称は、暫定的な組織として発足したときに付けられた「Conseil Europeen pour la Recherche Nucleaire」という名前が由来。
引用元: CERN(せるん)とは – コトバンク.

石油天然ガス・金属鉱物資源機構
せきゆてんねんがすきんぞくこうぶつしげんきこう

石油や天然ガス、金属鉱物資源の開発促進・資金供給を行う経済産業省所管の独立行政法人。英語名はJapan Oil, Gas and Metals National Corporation、略称JOGMEC。独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法(JOGMEC法、平成14年法律第94号)に基づいて2004年(平成16)設立。本部は東京都港区虎ノ門。1967年(昭和42)に石油開発公団として設立された石油公団と1963年設立の特殊法人金属鉱業事業団を統合し、独立行政法人として設立された。
引用元: 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(せきゆてんねんガス・きんぞくこうぶつしげんきこう)とは – コトバンク.

クランク(crank)とは、機械の要素において、回転する軸と、それとは芯のずれた軸を結ぶ柄からなる機構である。リンク機構の一種でもある。
>よく知られているクランクの利用例は以下のようなものがある。
手を使用するもの[編集]
釣りのリール、あるいはその他のケーブル、ロープ、テープなどのリール
手動式の窓開閉ハンドル(自動車の窓など)
足を使用するもの[編集]
自転車のペダル
発動機[編集]
ほとんど全てのレシプロエンジンでは、ピストンの往復運動を回転運動に変換するためにクランク機構を採る。
引用元: クランク (機械要素) – Wikipedia.

ジェネバ機構(ジェネバきこう、Geneva drive、Maltese cross)は、連続回転運動を断続回転に変換する機構である。ゼネバ機構とも。
原動車(連続回転側)にはピンが付いており、従動車(断続運転側)のスロットに入り込んで回転させる。原動車の上部は、従動車が停止時間中に動かないよう、三日月状の形状となっている。
Geneva_mechanism_6spoke_animation
引用元: ジェネバ機構 – Wikipedia.