武蔵野市吉祥寺に「吉祥寺」はない 本妙寺「明暦の大火」で文京区の諏訪山吉祥寺から移住した際に「吉祥寺村」命名

002xCkfrbGSTo
東京都武蔵野市吉祥寺には
吉祥寺というお寺がある
×

CIMG6705
次の東京のお寺とその説明の
正しい組み合わせを選びなさい

高岩寺────とげぬき地蔵で有名
本妙寺────振袖火事の火元
慈眼寺────芥川龍之介の墓がある

浅草寺────三社祭と雷門で有名
寛永寺────天台宗の関東総本山
護国寺────徳川綱吉が母のために造営

東京の住みたい町NO.1といえば武蔵野市吉祥寺。その街名は寺に由来するのかと思いきや、街をくまなく歩いても吉祥寺という寺を見つけることはできない。そんな寺は存在しないからだ。では、なぜ吉祥寺という地名なの? 調べていくと、明暦の大火、関東大震災という2つの大災害が地名の由来と街の発展に大きく関わっていることが分かった。
>そんな人気の街、吉祥寺で暮らしに憧れる人たちに「なぜ、吉祥寺の地名か知っていますか?」と尋ねたならば、おそらくほとんどの人が「吉祥寺というお寺があるからでしょう」と答えるに違いない。しかし残念、その答えは間違いである。

祐天寺、高円寺、国分寺、豪徳寺……、東京には「寺」の付く地名がたくさんあり、そのほとんどに地名のままの名称のお寺がある。しかし、吉祥寺という名のお寺は文京区の駒込にあって、吉祥寺には存在しないのである。なのに、なぜ吉祥寺という地名が付いたのだろうか?
>この明暦の大火によって、本郷元町(現在の水道橋駅近く)にあった曹洞宗諏訪山吉祥寺の門前町が焼失してしまった。焼けだされた門前の住人たちは、幕府のあっせんによって現在の武蔵野市東部に移住する。こうして武蔵野台地での新田開発が進むが、移住した人たちは吉祥寺に愛着を持ち、新田を吉祥寺村と名付けたのである。

これが、「寺がないのに吉祥寺」の真相。なお諏訪山吉祥寺は、明暦の大火では辛うじて焼失を免れたが、その後の火事で完全焼失し、現在の文京区本駒込の地に移って現存している。
引用元: 東京都・吉祥寺に吉祥寺はなく、なぜ駒込に吉祥寺がある? – 吉祥寺トリビア | マイナビニュース.

曹洞宗 諏訪山 吉祥寺
太田道灌が江戸城築城の際、井戸を掘ったところ、「吉祥増上」の刻印が出てきたため、現在の和田倉門のあたりに「吉祥庵」を建てたのが始まりといわれる。
徳川家康時代に水道橋際(現在の都立工芸高校一帯)へ移った。
明暦3年(1657)明暦の大火で焼失し現在地に移転。
関東における曹洞宗の宗門随一の栴檀林(せんだんりん)がおかれ多くの学僧が学んだ。
第二次大戦でそのほとんどが焼失し、現在は山門と経蔵だけが往時をしのばせる。
引用元: 文京区 吉祥寺(きちじょうじ).

吉祥寺(きちじょうじ)は、東京都武蔵野市に1889年(明治22年)から1962年(昭和37年)まで存在した大字。旧北多摩郡吉祥寺村。また、現在は吉祥寺駅を中心とする街及び同市に属する広域地域名として使われる。
>また、吉祥寺地域は古くから安養寺・光専寺・蓮乗寺・月窓寺という4軒の寺が集まる寺町である。とくに寺が集中している武蔵野八幡宮(八幡神)の付近の地域を四軒寺(しけんでら)と呼ぶようになっていったと語り伝えられている。吉祥寺通り(東京都道116号関町吉祥寺線)と女子大通りの交差点を四軒寺交差点と称する。なお、四軒寺という名前の寺があるわけではない。
>明暦の大火によって、江戸本郷元町(現:文京区本郷一丁目、水道橋駅付近)に存在した諏訪山吉祥寺の門前町が焼失した際、幕府は都市計画に基づき同地を大名屋敷として再建することにした。そのため、吉祥寺門前の住人を始めとする居住地・農地を大幅に失った者達に対し、「札野」「牟礼野」と呼ばれた幕府御用の萱場を代地とし、5年期限で扶持米を与え家屋の建築費用も貸与するという条件で希望者を募った。吉祥寺の浪士の佐藤定右衛門と宮崎甚右衛門が土着の百姓・松井十郎左衛門と協力してこれに応じ、現在の武蔵野市東部を開墾して住人達を移住させた。
折しも玉川上水の開通に伴い、かつては水利が悪く無人だった武蔵野台地が新田開発によって広大な農地へと変わっていく過程で、五日市街道(現在の東京都道7号杉並あきる野線)沿いに整然と区画された短冊状の土地が形成された。しかし土壌はさほど良いものではなく、農地はすべて畑地であり水田はなかった。吉祥寺に愛着を持っていた住人たちにより、新田は吉祥寺村と名付けられた。
引用元: 吉祥寺 – Wikipedia.