「かがやき」「はくたか」金沢-長野間「つばさ」山形新幹線「たにがわ」上越新幹線

052rahrwksjawt
次のうち、2015年に
金沢-長野間が開業した
北陸新幹線を走る特急列車を
全て選びなさい
かがやき(答)
やまびこ
たにがわ
はくたか(答)
60%

039wqqnzwftesn
山形新幹線を走る
特急列車の愛称は?
はやて
あさち
こばま
つばさ(答)
65%

059ynwpqbAzOP
この線路内を走る新幹線といえば
「とき」と何?
(画像出題)
さがにわた
まこやあび

2013年10月2日、長野駅 – 金沢駅間開業時の運行形態についての発表があった。具体的には東京駅 – 金沢駅間を主要駅のみ停車する「速達タイプ」、東京駅 – 金沢駅間各駅停車の「停車タイプ」、富山駅 – 金沢駅間の「シャトルタイプ」、東京駅 – 長野駅間の「長野新幹線タイプ」の4種類の運行とされた[新聞 8]。
2013年10月10日、JR東日本とJR西日本の両社は一般公募の結果を参考にして北陸新幹線の列車名を決定・発表した[報道 3][報道 4][新聞 9]。列車名の公募については、2013年5月28日にJR東日本とJR西日本が発表した[報道 5][報道 6][新聞 10]。募集は2013年5月31日から6月30日まで特設サイト[19]や郵便はがきで行われ、144,931件の11,672種類から選定された。
速達タイプ:かがやき (公募第5位)
停車タイプ:はくたか(公募第1位)
シャトルタイプ:つるぎ(公募第4位)
長野新幹線タイプ:あさま(公募第7位)
引用元:北陸新幹線 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%99%B8%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A

bmgxttozccd
引用元:開業50周年記念!よく分かってない私がよく分かってない人へ贈る新幹線の基礎知識  西編 その2 – 二進法のデッドスペース http://abby257.jimdo.com/2014/11/12/%E9%96%8B%E6%A5%AD50%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5-%E3%82%88%E3%81%8F%E5%88%86%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%84%E7%A7%81%E3%81%8C%E3%82%88%E3%81%8F%E5%88%86%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98-%E8%A5%BF%E7%B7%A8-%E3%81%9D%E3%81%AE2/

【東北新幹線】
・はやぶさ:2011年3月誕生。東京駅 – 新青森駅の最速列車
・はやて:2002年12月誕生。はやぶさに統一され、消滅する予定
・やまびこ:1982年6月誕生。盛岡駅以南を走る列車で、「なすの」を除くもの
・なすの:1995年12月誕生。東京駅 – 那須塩原駅・郡山駅間を走る各駅停車の列車

・あおば:1997年10月1日に「なすの」「やまびこ」へ統合して消滅

【山形新幹線】
・つばさ:1992年7月誕生。福島以南は基本的にE2系「やまびこ」と併結

【秋田新幹線】
・こまち:1997年3月誕生。盛岡以南は基本的にE2系またはE5系「はやて」と併結

【上越新幹線】
・とき:1982年誕生、1997年一旦廃止。2002年復活。「たにがわ」を除くもの
・たにがわ:1997年10月誕生。越後湯沢駅以南を走る列車。原則各駅

・あさひ:2002年12月1日現「とき」と改称して消滅

【北陸新幹線(長野新幹線)】
・あさま:1997年10月誕生。東京駅 – 長野駅を結ぶ列車。

【東海道・山陽新幹線】
・のぞみ:1992年3月14日誕生。東京駅 – 博多駅間の最速列車
・ひかり:1964年10月1日誕生。のぞみ、こだまの間の列車
・こだま:1964年10月1日誕生。各駅停車の列車

【山陽・九州新幹線】
・みずほ:2011年3月12日誕生。新大阪駅 – 鹿児島中央駅間の最速列車
・さくら:2011年3月12日誕生。「ひかり」とほとんど同じ扱いの列車
・つばめ:2004年3月13日誕生。各駅停車の列車

分かりやすい東海道・山陽新幹線から。超特急の「のぞみ」、特急の「ひかり」、各駅の「こだま」。九州新幹線も原則この三段階で、「みずほ」「さくら」「つばめ」。
引用元:のぞみ、とき、こまち、はやて? 新幹線を愛称で見る : 新幹線情報局 http://shinkansen.doorblog.jp/archives/24729912.html

上越新幹線(じょうえつしんかんせん)は、大宮駅(列車運行上は東京駅)から新潟駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。
>とき・Maxとき
東京駅 – 新潟駅間:定期列車は300 – 353号、臨時列車は350号台 – 390号台
越後湯沢駅 – 新潟駅間:480・481号(共に毎日運転)
長岡駅 – 新潟駅間:491号(土休日運休)
>たにがわ・Maxたにがわ
東京駅 – 越後湯沢駅間:定期列車は400 – 431号(ただし、東京駅 – 高崎駅または越後湯沢駅間で「とき」と併結する定期列車は「とき」の号数を使用)、臨時列車は70号 – 90号代
東京駅 – 高崎駅間:470 – 476号
引用元: 上越新幹線 – Wikipedia.

たにがわは、上越新幹線の東京駅 – 高崎駅・越後湯沢駅間で運行されている特別急行列車である。
種別を示す色は赤(■)。
>1997年(平成9年)10月1日、上越新幹線の列車運行系統再編に伴い、東京駅 – 新潟駅間の「あさひ」(2002年「とき」に改称)に対し、東京駅 – 高崎駅・越後湯沢駅間の区間列車の列車名として設定された。それ以前は、高崎線・上越線を上野駅 – 水上駅間で運行される在来線特急の愛称(漢字の「谷川」)であったが、こちらは同時に「水上」(2002年11月までは列車名に「新特急」を冠した、のちに廃止)に改称されている。
列車名は、上越新幹線大清水トンネルの真上にある谷川岳にちなんでいる。
2階建車両(E4系)を使用する場合は「Maxたにがわ」の名称で運行されている。
引用元: たにがわ (列車) – Wikipedia.

谷川岳(たにがわだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。日本百名山のひとつ。周囲の万太郎山・仙ノ倉山・茂倉岳などを総じて谷川連峰という。
>頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)、オキの耳(標高1,977m)と呼ばれる。元来この山はトマ・オキの二つ耳と呼ばれ、谷川岳の名は隣の俎嵒(マナイタグラ)に与えられていた。しかし、国土地理院の5万分の1地図の誤記のために、トマ・オキの二つ耳が谷川岳と呼ばれるようになってしまった。なお、トマの耳には薬師岳、オキの耳には谷川富士の別称がある。
引用元: 谷川岳 – Wikipedia.