都道府県のシンボルマークと面積順 「北海道」七光星「青森県」地形「東京都」T「大阪府」千成瓢箪・O

190FxMaIZIiiw
次の都道府県を
面積の大きい順に選びなさい
(画像選択肢)
C北海道のシンボルマーク 83456㎡
A青森県のシンボルマーク 9607
D東京都のシンボルマーク 2187
B大阪府のシンボルマーク 1896

都道府県章(とどうふけんしょう)は、日本の各都道府県を象徴する紋章の総称である。
>都道府県章のデザインには都道府県の風土・歴史・文化などが象徴的に表現されている。都道府県名にある文字(読み仮名ないし漢字、アルファベット)の一部もしくは全てをデザインに採用したものが多いが、青森県や鹿児島県のように地形(県本土)を抽象化したデザインのものや、茨城県や愛媛県のように県産物を抽象化したデザインのものも存在する。
引用元: 都道府県章 – Wikipedia.

道章は、開拓使時代の旗章のイメージを七光星として現代的に表現したもので、きびしい風雪に耐え抜いた先人の開拓者精神と、雄々しく伸びる北海道の未来を象徴したものです。(昭和42年5月1日制定)
引用元: 北海道のシンボル/全国知事会ホームページ.

昭和36年1月1日制定。青森県の地形を図案化したものです。県旗の白地は、無限に広がる宇宙世界をあわらしており、県章の深緑色は、躍進発展してやまない希望と未来をあらわしたものです。
引用元: 青森県のシンボル/全国知事会ホームページ.

 東京のアルファベットの頭文字「T」を中央に秘め、これからの東京都の躍動、繁栄、潤い、安らぎを表現しています。(平成元年制定)
引用元: 東京都のシンボル/全国知事会ホームページ.

豊臣秀吉の「千成びょうたん」を図案化したもの。OSAKAの「O」を基礎に希望・繁栄・調和を3つの円で表す。
引用元: 大阪府のシンボル/全国知事会ホームページ.