「滝川幸辰」たきかわゆきとき 「滝川事件」思想弾圧で京大辞任

132IrmJEFEusG
京都帝国大学法学部教授時代に
思想弾圧を受けた法学者です
滝川幸辰
たきかわゆきとき

瀧川 幸辰(たきがわ ゆきとき、1891年(明治24年)2月24日 – 1962年(昭和37年)11月16日)は、日本の法学者。法学博士。専門は刑法。岡山県出身。京都帝国大学教授。京都大学総長。日本学士院会員。正三位勲一等瑞宝章。元大阪高裁判事・元大阪大学教授(刑事法)の瀧川春雄は長男。
>滝川事件で大学を追われるが、第二次世界大戦後、大学に復帰、京都大学総長を務め、学生運動との対立事件を繰り返した。特に「第2次滝川事件」と呼ばれる学生による瀧川への「暴行」事件は有名である。なお総長が理系学部から選ばれる傾向の強い京都大学(および前身の京都帝国大学)では、現在のところ、瀧川が文系学部から選出された最後の総長となっている。
引用元: 瀧川幸辰 – Wikipedia.

[1891~1962]刑法学者。岡山の生まれ。京都帝国大学教授のときに滝川事件が起きて休職を命じられた。第二次大戦後に復職し、その後法学部長・総長を歴任。著「刑法講義」「激流」など。→滝川事件
[補説]「たきがわゆきとき」と読まれる場合もあるが、京都大学人事記録に拠って「たきかわ」とした。
引用元: 滝川幸辰(たきかわゆきとき)とは – コトバンク.

《「たきがわじけん」とも》昭和8年(1933)鳩山一郎文相が、京都帝国大学法学部の滝川幸辰(たきかわゆきとき)教授を、その著「刑法読本」や講演内容が赤化思想であるとして罷免した事件。同学部教授団や学生らが抗議運動を起こしたが、当局の弾圧で崩壊した。京大事件。
引用元: 滝川事件(たきかわじけん)とは – コトバンク.


たつ。十二支の五番め。 十二支をまとめていうことば。 とき。時刻や日。 時刻につれて動く天体。日、月、星の総称。 星の名。水星。 元気よくふるいたつさま。

画数
7 (その他の7画の漢字)
音読み
シン ジン < 検索 訓読み たつ < 検索 他の読み たつ とき のぶ のぶる よし 引用元: 辰(シン,ジン,たつ,たつ,とき,のぶ,など)の意味や読み,辰を含む男の子の名前 | みんなの名前辞典 – ここの姓名判断(名前占い)はよく当たる! 男の子や女の子のお名前を探そう.