「西川一誠」にしかわかずみ ふるさと納税を発案した福井県知事

064yemaEtSNVo
2006年に初めて
「ふるさと納税」を提唱したのは
富山県知事の石井隆一である
×
◯福井県知事 西川一誠 にしかわかずみ

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、任意の地方自治体(ここでは都道府県、市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除される日本国内の個人住民税の制度。ただし一定の制限や限度がある。「ふるさと寄附金」とも呼ばれる。
>地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を推進するための新構想として、西川一誠(福井県知事)が2006年10月に「故郷寄付金控除」の導入を提言[1]しており、ふるさと納税の発案者と言われている。また、同知事は総務省が設けた「ふるさと納税研究会」の委員に選任され、賛成の立場から積極的に発言をした。
引用元: ふるさと納税 – Wikipedia.

西川 一誠(にしかわ かずみ(いっせい)、1945年1月2日 – )は、日本の政治家、自治官僚。福井県知事(3期)、関西大学政策創造学部客員教授。
>2008年の税制改正に盛り込まれた、いわゆる「ふるさと納税」制度の発案者である。2007年6月、総務省に設置された「ふるさと納税研究会」の委員に都道府県知事を代表して選任され、賛成の立場から積極的に意見を述べる等、制度の実現に尽力した。
詳細は「ふるさと納税#議論の経緯」を参照
>本名は「西川 一誠(にしかわ かずみ)」であり「一誠(いっせい)」の読みは通称。これは、福井県知事選挙に初めて出馬する際に有権者に分かりやすいように使い始めた通称名である。
引用元: 西川一誠 – Wikipedia.