建造物と高さ 「東京タワー」333m「名古屋テレビ塔」180m「京都タワー」131m「通天閣」100m 東から西へ順

059brgBIbbuqS
次の建造物を
高さが高い順に選びなさい
Aの画像 東京タワー 333m
Dの画像 名古屋テレビ塔(左側の塔) 180m
Cの画像 京都タワー 131m「当時の京都市人口に由来」
Bの画像 通天閣 100m

画像から正式名称・立地がわかれば「東から西へ順」ですね

東京タワー(とうきょうタワー、英: TOKYO TOWER)は東京都港区芝公園4丁目2-8にある集約電波塔である。1958年10月14日竣工、同年12月23日に完工式が開かれた。東京のシンボル・観光名所として知られる。正式名称は日本電波塔(にっぽんでんぱとう)。
>高さは333mと広報されており(より正確には332.6m、海抜351m)、塔脚の間隔は88.0m[注釈 1]。総工費約30億円、1年半(1,974,015時間/543日間)と延べ219,335人の人員を要して完成した。地上125m(海抜約150m)と223.55m(海抜約250m)に展望台を有したトラス構造の電波塔である。
引用元: 東京タワー – Wikipedia

名古屋テレビ塔(なごやテレビとう)は愛知県名古屋市中区栄の久屋大通公園に立つ日本で最初に完成した集約電波塔(高さ180m)であり、テレビ塔を保有・運営する会社(名古屋テレビ塔株式会社(Nagoya TV Tower Corporation))でもある。
引用元: 名古屋テレビ塔 – Wikipedia

京都タワー(きょうとタワー)は、京都市下京区にある塔。京阪グループの京都タワー株式会社が運営している。
>京都駅烏丸中央口前に大きく聳え立っている。台座となっている京都タワービルを含めた高さは131mあり、京都市内では最も高い建造物である。
>開業40周年を機に作成されたマスコットキャラクター。2004年12月たわわちゃんとして発表され、2006には着ぐるみが登場した。性別は女性で、性格はおっとりしているという。
引用元: 京都タワー – Wikipedia

通天閣(つうてんかく)は、大阪府大阪市浪速区にある新世界界隈の中心部に建つ展望塔である。2007年5月15日に、国の登録有形文化財となった[1]。観光名所として有名である。公式キャラクターは「ビリケン」。
>現在の通天閣は二代目で、1956年(昭和31年)に完成した(初代通天閣については後述)。通天閣観光株式会社(つうてんかくかんこう、Tsutenkaku Kanko Co., Ltd.)により運営されている。避雷針を含めた高さは103m(塔自体の高さは100m)。設計者は、ほぼ同時期にできた名古屋テレビ塔、東京タワーなどを手がけた内藤多仲[4]。建設を施工したのは奥村組である[4]。「通天閣」とは、「天に通じる高い建物」という意味[5][2]で、命名したのは明治初期の儒学者、藤沢南岳である[2]。
引用元: 通天閣 – Wikipedia

CIMG6113
次の建造物を
全高が高い順に
選びなさい
Dの画像   牛久大仏 120m
C画像   自由の女神像 93m
Bの画像   コルコバードのキリスト像 39.6m
Aの画像   モアイ像 3.5~20m