「三田市」さんだし 兵庫県の都市 阪神間のベッドタウン かつて人口増加率1位 東に宝塚市

055FvxWAdOgpF
かつて人口増加率1位を記録した
兵庫県の都市は?
三田市
さんだし

三田市(さんだし)は、兵庫県の市。本項では市制前の名称である三田町(さんだちょう)についても述べる。
>1958年に単独市制した阪神間で豊かな自然が残っている田園都市で三田城の城下町であり、旧丹波国・旧播磨国と国境を接していた阪神地域の北側に位置している。神戸市や宝塚市などに隣接し、神戸牛の放牧場や農業地帯であったが、JR福知山線の複線電化により、阪神間のベッドタウンとして北摂ニュータウンの開発にともない、一時期は人口増加率日本一になるほど人口が急増していたが、現在は落ち着いている[1][2]。
>1958年10月1日に市制施行時に初めて統計を取った時の人口は32673人であり、兵庫県での市で一番人口が少ない自治体であった。市制施行後も人口は横ばいであり、1985年10月1日の調査まで3万人台で推移していた。しかし、大阪のベッドタウンとして、北摂三田ニュータウン開発が始まったことにより、人口が急激に増加し、1985年に4万人、1990年に6万人、1991年に7万人、1993年に8万人、1996年には10万人を突破し、右肩上がりに急激に増加し、兵庫県おろか10年連続日本一の人口増加率を記録した[4]。
引用元: 三田市 – Wikipedia.

三田市は、兵庫県の南東部に位置し、神戸市の市街地より六甲山系を越えて北へ約25km、大阪市より北西へ約35kmの圏域にあります。

北は篠山市、東は宝塚市、猪名川町、南は神戸市、西は加東市、三木市に接しています。
引用元: 三田市/三田市の概要.