「リゾートあすなろ」東北新幹線開業に合わせて運行開始 津軽線・大湊線 「リゾートうみねこ」八戸線 青森岩手間

128yoabBnbMIc
053uHddgzw
2010年に東北新幹線・新青森駅の
開業にあわせ運行が開始された
JR東日本の臨時快速列車は
「リゾート◯◯◯◯」?
うみかり
やすねみ
あまなろ
→あすなろ
「リゾートあすなろ」

2011年4月より八戸線で運行が開始された、JR東日本のリゾート列車は「リゾート○○○○」?
うみねこ
「リゾートうみねこ」

「リゾートあすなろ」は、2010年12月の東北新幹線新青森開業に合わせ、津軽線・大湊線を運行するリゾート列車として登場した。環境への負荷を低減する「ハイブリッドシステム」を搭載した新型車両を導入し、青森の大自然や絶景を快適に楽しめる設備も充実している。
>リゾートあすなろは、青森の陸奥湾沿いに下北半島と津軽半島の二大半島を走行する列車です。
沿線には、大湊を起点に、仏ケ浦の複雑な海岸線に恐山周辺の豊かな森林地帯と、変化に富んだ自然の風景に親しめる「陸奥湾」や、「工房」&「市場」の複合施設「A-FACTORY」、そして陸奥湾でとれた新鮮な魚介類などを堪能できる「ウェル蟹」など、青森の自然・文化・食を満喫できるスポットがいっぱいです。
引用元: JR東日本:楽しい列車ポータル>リゾートあすなろ HB-E300系.

東日本大震災後の東北新幹線全線復旧にあわせて2011年4月にデビュー。
太平洋の雄大な景色が楽しめるよう、大きな窓と1人掛けシートは海側に回転させることができる座席が特徴。車両のデザインコンセプトとして、車窓に広がる八戸線沿線の「海」をイメージした。
下部は太平洋の「深い青」、オレンジのラインは「水平線から昇る太陽(サンライズ)」、上部は爽やかな「空の青」をイメージしている。
>青森県と岩手県を結ぶ八戸線を走る「リゾートうみねこ」。沿線には、列車名の由来となった大空を優雅に飛び交う「うみねこ」の繁殖地「蕪島」、国立公園に指定された「種差海岸」があり、大きな車窓から広がる三陸の風光明媚な景観をお楽しみいただけます。
引用元: JR東日本:楽しい列車ポータル>リゾートうみねこ キハ48形.

青森県川部駅と秋田県東能代駅を結ぶ五能線を走るリゾート列車「リゾートしらかみ」。
世界遺産に登録された白神山地をはじめ、「日本の夕陽百選」に認定されている「千畳敷」や日本海に面した不老ふ死温泉、青インクを流し込んだような美しさの「青池」など見どころ満載です。
引用元: JR東日本:楽しい列車ポータル>リゾートしらかみ.