アイスランドの氷河 「バトナ氷河」「オーク氷河」「ミルダス氷河(ミールダルスヨークトル氷河)」「ソルヘイマ氷河」「ラング氷河」 2010年の噴火「エイヤフィヤトラヨークトル」アイスランド語「氷河」ヨークトル

081rCRRMjdgYT
次のうち、アイスランド、に
ある氷河を全て選びなさい
チブチャ氷河 コロンビア
バトナ氷河◯
オーク氷河◯

ミルダス氷河◯ ミールダルスヨークトル氷河
ソルヘイマ氷河◯
ラング氷河◯
カヒルトナ氷河 アメリカ
パタゴニア氷河 チリ

CIMG1488OXtVjsSTzKJA
次の文字列を順に選んで
2010年4月に噴火し
欧州の航空網を麻痺させた
火山の名前にしなさい
エイヤ
フィヤ
トラ
ヨークトル
「エイヤフィヤトラヨークトル」

アイスランドの氷河(アイスランドのひょうが)は、アイスランドの陸地の11.1%(およそ、総面積 103,125 km2 のうち 11,400 km2)を覆っており、アイスランドの風景に大きな影響を与えている。
>「氷河」のことをアイスランド語では jökull (IPA: [ˈjœːkʏtl]; ヨークトル、イェークトル)という。
アイスランドの氷河
ファイル:Iceland location map.svg – Wikipedia.
引用元: アイスランドの氷河 – Wikipedia.

バトナ氷河
バトナひょうが
Vatnajökull

アイスランド南東部にあるヨーロッパ第1の氷帽。北緯 64°~65°,西経 15°~18°に位置し,東西約 150km,面積 8400km2,垂直幅は海面下から標高 1800mまでに及ぶ。中央部の降水量は年 4000mmをこえる。
引用元: バトナ氷河(バトナひょうが)とは – コトバンク.

ミールダルスヨークトル‐ひょうが【ミールダルスヨークトル氷河】

《Mýrdalsjökull》アイスランド南部にある氷河。同国第4の規模をもつ。厚さ200メートルの氷河がカトラ火山の山頂を覆い、1918年の噴火の際に大洪水を起こしたことで知られる。ミールダルス氷河。
引用元: ミールダルスヨークトル氷河(ミールダルスヨークトルヒョウガ)とは – コトバンク.

ラング氷河
ラングひょうが
Langjökull

アイスランド中西部にある台地状氷河。面積 1023km2,北東から南西へ長さ約 58km,幅 28km,最高点の標高 1450m。その融水は西や南西に流れてクビタ川やオルフス川などの諸川を養っている。
引用元: ラング氷河(ラングひょうが)とは – コトバンク.

わずか数ヵ月後、2006年10月時点のアイスランドのソルヘイマ氷河。気温の上昇に伴い、この氷河は過去10年で500メートルも後退した。
引用元: 特集:シリーズ「地球の悲鳴」 消える氷の大地 2007年6月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP.

2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火による交通麻痺(2010ねんのエイヤフィヤトラヨークトルのふんかによるこうつうまひ)は、アイスランドの氷河に覆われた火山エイヤフィヤトラヨークトル (Eyjafjallajökull) の噴火により噴出した火山灰が、ヨーロッパ大陸上空に広く滞留した結果、多数の航空便が欠航して社会的活動に支障をきたした自然災害である。航空便の発着が大きな規模で中止され、代替交通手段となった陸上交通機関と海上航路も混乱した。
引用元: 2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火による交通麻痺 – Wikipedia.