「タウル・マタン・ルアク」東ティモールの大統領 「テトゥン語」「ポルトガル語」東ティモールの公用語

026DHZPKCARDL
次の文字列を順に選んで
2012年5月に東ティモールの
大統領に就任した政治家の
名前にしなさい
タウル
マタン
ルアク
「タウル・マタン・ルアク」
Taur Matan Ruak

CIMG4486
次のうち
アジアの国・東ティモールの
公用語を全て選びなさい
ポルトガル語◯
テトゥン語◯
タガログ語 フィリピン
マレー語 マレーシア シンガポール ブルネイ

CIMG6546
次のうち、ボルネオ島に
領土を持つ国を1つ選びなさい
◯インドネシア
✕タイ
✕モルジブ
✕フィリピン
◯ブルネイ
✕ベトナム
◯マレーシア
✕シンガポール

José Maria Vasconcelos, popularly known by his nom de guerre Taur Matan Ruak (Tetum for “Two Sharp Eyes”) is an East Timorese politician who has been President of East Timor since 20 May 2012.
引用元: Taur Matan Ruak – Wikipedia, the free encyclopedia.

 2012年4月16日に行われた決選投票で前東ティモール民族解放軍自衛隊総司令官タウル・マタン・ルアクさんが275,411票61.23%の支持で当選した。
 1975年から1999年までインドネシアの国際法に反する軍事侵略に抗してレジスタンスを継続し、最初は約27,600人いた民族解放軍が約150人に激減し山を下りて降伏しようという仲間の前で「山を下りたいものは下りてよい。私は民族自決の神聖な権利を実現する大義のため山に残る。”I am the last one!”と演説してレジスタンスを継続したと言い伝えられている英雄である。
引用元: ☆東ティモールあれこれ: 東ティモール日本文化センター/TNCCTimor Loro Sa'e – Nippon Culture Centre.

東ティモール民主共和国(ひがしティモールみんしゅきょうわこく)、通称東ティモールは、アジア(東南アジア)地域に位置する共和制国家。1999年8月30日、国連主導の住民投票によりインドネシアの占領から解放され、2002年5月20日独立した(国際法上はポルトガルより独立)。21世紀最初の独立国である。ポルトガル語諸国共同体加盟国。
島国であり、小スンダ列島にあるティモール島の東半分とアタウロ島、ジャコ島、飛地オエクシで構成されている。南方には、ティモール海を挟んでオーストラリアがあり、それ以外はインドネシア領東ヌサ・トゥンガラ州(西ティモールを含む)である。
>言語[編集]
詳細は「東ティモールの言語状況」を参照
言語はテトゥン語とポルトガル語が公用語である[17]。現在は、マカサエ語(英語版)やファタルク語(英語版)などのパプア諸語(トランスニューギニア語族(英語版))とテトゥン語やマンバイ語(英語版)などのオーストロネシア語族が中心に話されている[18]。 その他、インドネシア統治期に教育を受けた30-40歳代を中心にインドネシア語が使われている。現在は世代間で使用できる言語が異なっている事が問題となっている[11]。東ティモールは独立時の2002年からポルトガル語諸国共同体CPLP)に加盟している。
引用元: 東ティモール – Wikipedia.

東ティモールでは、オーストロネシア語族中核マレー・ポリネシア語群(英語版)のティモール諸語(英語版)やパプア諸語の西トランスニューギニア語族(英語版)などが話されている。言語状況は、歴史的経緯から非常に複雑なものとなっている。ここでは、東ティモールで使われることの多い4つの言語について紹介する。なお、これ以外にも14~36の現地語が同国内では使われている。
テトゥン・ディリ語:東ティモール国内で広くリンガフランカとして用いられ、国民の7割ほどが話す[1]とされている。公用語の一つで、多くは、第2、第3言語としてこれを話すが、首都であるディリを中心に、これを第1言語とするものが増えてきており、東ティモール政府も辞書の編纂などでこの言語の整備に着手している[1]。だが語彙の多くを以下に述べるポルトガル語から借用している。
ポルトガル語:同国を1974年まで統治したポルトガルの言語で、公用語の一つ。もともと少数のエリート層の言語。インドネシア支配下では教育機関から排除され、教会等で用いられていたに過ぎず、ポルトガル語を解さない若い世代と言語的断絶を引き起こしている。人口の2% – 5%が、ポルトガル語を話せるとされるが、これらは、ポルトガル統治時代に教育を受けた高齢者とポルトガル語圏に留学した人々に偏っている。なお、東ティモールはポルトガル語諸国共同体加盟国である。
引用元: 東ティモールの言語状況 – Wikipedia.