「モロッコ」アフリカ大陸でアフリカ連合(AU)に唯一の非加盟国 アフリカ大陸左上

075YFPVLuNIXf
アフリカ大陸でアフリカ連合に
加盟していない唯一の国は
チュニジアである
×
◯モロッコ

000015311
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000015311.gif
引用元: アフリカ連合(AU) | 外務省.

アフリカ連合(アフリカれんごう)は、アフリカの国家統合体。アフリカ統一機構 (OAU) が、2002年に発展改組して発足した。エチオピアのアディスアベバに本部を置いている。
>エチオピアは、紀元前1000年頃には既に国家が形成されていたとされ、エジプトと並ぶアフリカ最古の独立国家であり、ブラックアフリカの先導的立場から1963年以降アフリカ統一機構の本部が置かれた。
アフリカ連合は国際連合から法人格を認められた機関である。国連総会をはじめ、国連のあらゆる会議では一国一票制が採られているが、アフリカ連合は、各加盟国が協調して1つの意見を発することで大きな発言力を持っている。
>モロッコを除くアフリカの全ての独立国家が加盟。加盟国は54ヶ国に上る。加盟国の中で、西サハラの独立派武装組織ポリサリオ戦線が樹立した亡命政府サハラ・アラブ民主共和国(SADR) (西サハラ)は、日本政府が国家承認していない地域である。ソマリアから一方的に独立を主張するソマリランドは、アフリカ連合加盟国からも国家承認されておらず、非加盟である。2008年の1月31日から2月2日までアディスアベバで開かれた首総会議の後、会見で議長は、チャドの反政府勢力による新政府が樹立しても加盟は承認しないという考えを示した。
引用元: アフリカ連合 – Wikipedia.

 アフリカ連合(AU)は、アフリカ54ヵ国・地域が加盟する世界最大の地域機関です(注:我が国未承認の「サハラ・アラブ民主共和国」を含む。モロッコは非加盟。)。アフリカの一層高度な政治的・経済的統合の実現と紛争の予防・解決に向けた取組強化のために、2002年7月、「アフリカ統一機構」(OAU)(1963年5月設立)から発展改組されて発足しました。
引用元: アフリカ連合(AU) | 外務省.