「ドコモモ」近代建築の記録と保存を目的とする学術組織 Documentation and Conservation of buildings, sites and neighbourhoods of the Modern Movement

105KCMjJKPdNa
1989年に設立され
本部はパリに置かれる
近代建築に関する国際組織は?
コスロンー
ドクイポモ
→ドコモモ

DOCOMOMO(ドコモモ、英: International Working Party for Documentation and Conservation of buildings, sites and neighborhoods of the Modern Movement)は、1988年に設立された近代建築の記録と保存を目的とする国際学術組織。本部(DOCOMOMO International)と40か国以上に設けられた支部とから成る。本部は、当初、オランダのデルフトに設置され、2002年からはフランスのパリにある。
>DOCOMOMO Japanは、DOCOMOMOの日本支部である。
1998年に日本建築学会歴史意匠委員会の下に設けられたDOCOMOMO対応ワーキング・グループにおいて、日本の近代建築20選を選定し、2000年1月から神奈川県立近代美術館等で展覧会を開催。2000年9月のブラジリアでのDOCOMOMO総会において、アジア地区で最初の支部として正式に承認された。
引用元: DOCOMOMO – Wikipedia.

DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築(ドコモモ ジャパンせんてい にほんにおけるモダン・ムーブメントのけんちく)は、DOCOMOMO Japanが現存する近代建築として選定した174件の建築である。
>DOCOMOMO Japanでは、1999年に日本の近代建築20選(にほんのきんだいけんちく20せん)を選定し、2003年9月には、これに80件を加えて100件とし、日本におけるモダン・ムーブメントの建築を100件選定した。
その後さらに、2005年に15件、2006年に10件、2007年に10件、2008年に10件、2009年に5件、2012年に14件、2014年(2013年度)に10件が新たに追加され、2014年現在では174選となっている。
引用元: DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築 – Wikipedia.

1988年、オランダのアイントホーヘン工科大学で教鞭を執っていたフーベルト・ヤン・ヘンケットらによって設立された学術組織。近代運動の成果を記録するとともに、それに関わる現存建物・環境の保存を訴えることを目的に掲げる。特に近代運動の歴史的・文化的重要性を一般に広めることを意図しており、建築関係者だけでなく、都市計画家、行政関係者など幅広い分野の会員で構成されている。第1回総会は90年に開催され、DOCOMOMOの理念や活動に関する宣言であるアイントホーヘン宣言が採択された。
引用元: ドコモモ(DOCOMOMO) | 現代美術用語辞典ver.2.0.