「大久野島」おおくのしま 日本軍の毒ガス研究島 ウサギが多数生息 「音戸瀬戸」平清盛の伝説 日本一短い定期航路

087OAznKRw
ウサギが多く生息し「ウサギ島」
とも呼ばれる広島県竹原市の島
大久野島
おおくのしま(答)
44%

012qFfAKJxWKE
芸予諸島の島
瀬戸内海国立公園に指定
現在はウサギが多数生息
かつての毒ガス研究の拠点
因島
彦島
江田島
大久野島(答) おおくのしま

CIMG7766bHJSXGchbRLR
そばに和布刈(めかり)神社が鎮座
門司崎と檀ノ浦を結ぶ
かつての名は「隼人の追門」
関門海峡の東端
針尾瀬戸 はりおせと 長崎県針尾島
早鞆瀬戸(答)はやとものせと
本渡瀬戸 ほんどせと 熊本県天草諸島
大畑瀬戸 おおばたけせと 山口県周防大島

RckAtPSFVKka
90mと日本一短い定期航路
その上をループ橋がまたぐ
広島市の呉市外と倉橋島を結ぶ
平清盛が一日で切り開いた伝説
音戸瀬戸(答)おんどのせと
大畠瀬戸
早岐瀬戸
針尾瀬戸

大久野島(おおくのしま)は、瀬戸内海に位置する島で、芸予諸島の1つ。広島県竹原市忠海町から沖合い3キロメートルに位置し、周囲は4.3キロメートル。1934年(昭和9年)に瀬戸内海国立公園に指定されている。
「地図から消された島[1]」や「毒ガス島」などと呼ばれ、第一次世界大戦以降の化学兵器製造の実態を今に伝えている。また近年では多数のウサギが生息することでも知られ、ウサギ島とも呼ばれる。
>毒ガス工場の存在は機密性から秘匿され、陸軍が発行した一般向け地図においても大久野島一帯は空白地域として扱われた[2]。日中戦争から第二次世界大戦中を通じ主に中国大陸で使用する目的の化学兵器が生産されたほか、殺虫剤などの民生品も生産された。大久野島で生産された毒ガスの総量は6,616トン、生産された毒ガスは、イペリットガス、ルイサイトガス、クシャミガス(呼吸困難)、催涙ガスの4種類である。
>ウサギ島[編集]
島外の小学校で飼育されていた8羽のウサギが1971年に島に放されて野生化し、繁殖して2013年に再度調査したところ700羽にまで増えていた[5]。このために大久野島は「ウサギ島」とも呼ばれるようになった。その後、国民休暇村や大久野島毒ガス資料館等の観光施設ができ、人になれた多数のウサギたちが観光客を出迎えてくれるようになった。現在は年間約10万人の観光客が訪れる「ウサギの楽園」として知られ、一部のウサギ好きの聖地ともなっている。ウサギの保護のため、大久野島には補助犬以外の犬の連れ込みは禁止されている。
引用元: 大久野島 – Wikipedia.

因島(いんのしま)は、広島県尾道市に属する、日本の島である。かつては因島市として独立していた。廃藩置県前は備後の国に属する島。
>伝承では、神功皇后の乗った船がこの島に立ち寄った際に、陸から多くの犬が吼えて困ったので皇后が「犬の島」と名づけ、それがなまって「インの島」になったとも、平安時代に島が院領だったことから「院の島」が「因の島」になったとも、細島に島の前面が隠されているので「隠の島」から「因の島」になったとも言われている[1]。
引用元: 因島 – Wikipedia.

彦島(ひこしま)は、山口県下関市の南端にある島。
また、下関市の彦島地区(下関市役所支所設置条例で示された下関市役所彦島支所の所管する区域)を指す地域名称でもある。この場合、彦島本島のほか、響灘に浮かぶ六連島(むつれじま)、彦島の至近にある竹ノ子島(たけのこじま、彦島と道路橋で接続)、巌流島(正式名称は船島)の3島を含む。
>地名については『日本書紀』に「引島」とあるのが初出である。鎌倉時代の文献(『吾妻鏡』など)に、「彦島」と表記されたものがあり、「引島」と「彦島」と二通りの表記が共用されながら、やがて「彦島」に統一されるようになった。なぜ「彦島」に統一されたのかは諸説あるが、一例として、「壇ノ浦の戦いの時に、『引は武士にとって縁起が悪い』とされ彦島に改められた」という説がある。(参考文献『下関の地名(増補改訂版)』)
引用元: 彦島 – Wikipedia.

瀬戸内海の広島湾にある島を市域とする。主たる島は江田島、西能美島、東能美島であるが、これら3島は地続きである。次いで大きい島は東能美島の西、西能美島の南にある大黒神島で、このほかにもいくつか小さな島がある。江田島と西能美島の間の湾を江田島湾、西能美島と東能美島の間の湾を大原湾という。
東能美島の東にある呉市の倉橋島とは早瀬大橋で繋がっており、倉橋島と本州本土間も音戸大橋で繋がっているため、本州とは実質的に地続きである。
引用元: 江田島市 – Wikipedia.