「八丁堀」堀の長さが8町に由来

053yXfjxKNwuO
東京都中央区の八丁堀は
江戸時代、この地にあった
堀の長さから命名された

八丁堀(はっちょうぼり)
江戸時代から戦後まで江戸/東京に存在した水路の名。 → 桜川 (東京都)#桜川 (中央区)
上記水路に由来する、東京都中央区の地名。→ 八丁堀 (東京都中央区)
八丁堀に住んでいたことから転じて中村主水(必殺シリーズの登場人物)の通称。
広島市中心部の地名。→紙屋町・八丁堀
引用元: 八丁堀 – Wikipedia.

町名由来[編集]
江戸時代、この地に開削された堀の長さが約8町(約873m)あったため「八町堀」と呼ばれ、その堀名に由来して町名がつけられた[1]。後に「町」が略字の「丁」となる。
抑々の八丁堀は、江戸の神田と日本橋との境界となっていた堀である。竜閑橋(常盤橋西北)から城濠に分かれて、東方馬喰町に達し、それから南の浜町堀となって隅田川に入る。銀町堀とも(『江戸文学地名辞典』)。江戸文学の戯作においては『金々先生栄花夢』における和泉屋清三、『万象亭戯作濫觴』における天竺老人などのおどけた人物の住所と定まっていた(潁原退蔵『江戸時代語の研究』)が、『東海道中膝栗毛』における弥次郎兵衛・北八もまた同所に住む。
引用元: 八丁堀 (東京都中央区) – Wikipedia.