「チャプルテペック」公園 メキシコシティ西部の名所 ナワトル語「バッタの丘」

049uimyIaXCSo
人類学博物館や近代美術館などの
観光名所が集まる、メキシコの
首都・メキシコシティ西部にある
公園は◯◯◯◯◯◯◯◯公園?
チテペルプャック
→チャプルテペック
「チャプルテペック公園」
Chapultepec Park

植物館や湖、文化イベントや印象的な考古学博物館など、ここは徒歩で巡るのに最適です。 647ヘクタールの面積を持つチャプルテペック公園は、メキシコの街で最大のオアシスのひとつであると同時に、訪問するのに最も魅力的な場所のひとつです。ナワトル語由来で「バッタの丘」を意味するチャプルテペックは、3つのセクションに分かれ、森林、湖と様々なスポットへのアクセス拠点となっています。最も魅力的な場所は町の主要な通りのひとつであるレフォルマ通りの近く、第一セクションに集まっています。
引用元: メキシコシティチャプルテペック公園、ビジットメキシコ.

バッタの丘という意味のチャプルテペック、そこは、アステカ王国時代には王様の保養地であった。その場所に植民地時代16世紀副王の館として建てられたお城がチャプルテペック城。メキシコ独立後の1847年のアメリカの侵略戦争、米墨戦争の最後の砦となり、6人の英雄少年が身を投げ国旗を守ったところである。また、その後のフランス侵略戦争により、1864年から3年間のフランスの統治時代マキシミリアム皇帝のお城となったり、独裁政治家ポリフィリオ・ディアス大統領の官邸となるなど、メキシコの歴史をそのまま物語っているお城。今は歴史博物館。ここでメキシコの歴史を垣間見よう。
引用元: チャプルテペックのお城の歴史博物館でメキシコの歴史を知ろう!|メキシコシティ(メキシコ)の海外現地ガイド記事|海外旅行情報 エイビーロード.

Chapultepec, more commonly called the “Bosque de Chapultepec” (Chapultepec Forest) in Mexico City, is one of the largest city parks in the Western Hemisphere, measuring in total just over 686 hectares (1,695 acres).
>Chapultepec Park is the largest city park in Latin America, measuring in total just over 686 hectares.[1][2][3] It is classed as one of the world’s great urban parks, along with Bois de Boulogne in Paris, the Imperial Gardens in Tokyo and Central Park in New York City.[4] The name “Chapultepec” means “at the grasshopper hill” in Nahuatl and refers to a large rock formation that is the center of the current park’s “first section”.
引用元: Chapultepec – Wikipedia, the free encyclopedia.