「AVE」アベ(スペイン語で鳥の意味も) スペイン高速鉄道 「Alta Velocidad Española」「スペインの高速」標準軌「1435mm」

231WkgYHbulZR
1992年にマドリード~セビリアの
区間で開業した、スペイン国鉄が
運行する高速鉄道の略称は?
TVU
IPT
AGE
AVE(答)
Alta Velocidad Española



鉄道のレールの間隔・ゲージで
欧米で標準規格とされ、日本では
新幹線や地下鉄路線で採用されて
いるのは1435mmですが

3フィート6インチであること
から「三六軌間」と呼ばれる
日本の鉄道会社で多く採用されて
いるものは何mm?
48039
16527
→1067

インドやパキスタンおよび
ロシアの一部で採用されており
国際的に「広軌」と
呼ばれるものは何mm?
→1676

1435「標準はいいよみんなGO]
1067「日の丸ローカルなんだ」
1676「広くなろう」
引用元: 「ロムニーハイスアンドティスチャーチ」15インチゲージのイギリス鉄道「標準軌」1435mm「三六軌間」1067「広軌」1676 「跨線橋」鉄道線路を跨ぐ橋「スラブ軌道」コンクリ版にレール敷設 | わかればいいのに I wish I knew.

AVE(アベ)は、スペイン国鉄(RENFE)が運行する高速鉄道システムの名称である。
>AVEは “Alta Velocidad Española”(「スペインの高速」の意)の略称であると同時に、スペイン語で鳥の意味で、翼を広げた鳥が列車のシンボルマークになっている。車両は最初に開通したマドリードとセビリア間の高速新線ではフランスのTGVの技術供与を受けて造られたものが運用されているが、軌道・信号システムはドイツの高速新線用のもの (LZB) が導入されている。部分開業したマドリードとバルセロナの間の高速新線では、ドイツのICE車両のICE3を基本にしたヴェラロE(Velaro E、以前の名称はICE350)と、国内で開発されたタルゴ車両であるTALGO350が運用され、世界最高の350 km/hでの営業運転が実現する予定だったが信号システムの不具合のため[1][2][3]、300 km/hにとどまっている。
将来の延伸時、フランスのTGVをはじめとするヨーロッパ各国の高速鉄道網へ接続することを考慮し、スペインの他の広軌ネットワーク(レール幅1,668 mm)と異なり、標準軌(レール幅1,435 mm)を採用している。
引用元: AVE – Wikipedia.